Lisa canaria gallery

2日(土)夕方、品川駅港南口近くのギャラリーで催されている「Un petit air de paris / パリからの微風」銅版画展レセプションに行ってきました。会期は8/1日~5日です。
ミュライ吉田玲さん(Akira Yoshida-Murail)、パリ在住の女性アーティストの展示会です。どのような技法なのかは、制作過程を見ないと判りませんが、一版刷りの銅版画との事です。
             lisa_canaria11.jpg
高輪口は、学生時代から含め数限りなく改札を出ていますが、この港南口に降車するのは初めての事で、以前は工場と貨物の操車場のような所だった記憶が在り、殆ど縁のない所でした。
ところが、見て歩くと新幹線ターミナルの影響でしょうか、駅周辺は高級マンション郡の林立状態である事を垣間見る事出来、マーケティング的には強い関心を憶えて帰ってきました、友人と寄り道はしましたけど・・・・・。

さて、突然ですが絵画購入へのモチベーションについて整理してみると。 
 1/気に入った・好みだ・好きだ。
 2/贈答品として(記念日など)
 3/投資目的
 4/投機目的
 5/マネーロンダリング
 6/画家等の関係者
 7/その他
等など、いくつかにまとめる事が出来ますよね。

そこでなんですが、ギャラリーとしてこの高層マンション郡を後背立地に持つと云う事は、特に「1と2」に於いて、ポジティブに考えると非常に有利な場所になると言う事です。

アートは、人々の喜怒哀楽にシンプルに関わってきます、中でも抽象画は記号化されているだけに、それぞれの心の中に「好嫌」問わずストレートで勝負挑んでくる絵の様に思います。好みでなく適正値(品質・価格・大きさ・時期・画家)の判断正しければ、ギャラリーとして面白い結果想定出来るのではないでしょうか?

最後に、銅版画の芸術的評価は専門家にお任せするとして、空間屋としては雰囲気含め、会場全体の感想を述べておきましょう。
展示会場は女性オーナーらしい感性でまとめられ、真っ白な会場に全て真っ白な額装を施し、その分銅版画のみが際立つよう展示されていて、さらに当日オーナー自身の服装も、意図の定かは不明ですが白色系を着用されていたのは偶然ではないような気がします。
そして秀逸だったのは、会場で行われたクラヴィコードの演奏です。海外ギャラリーで生演奏はよく見かける事なのだが、日本において放送音源のBGMとしては普通に在るけど、生演奏と云うのはとても稀な事です。

その瞬間、間違いなく会場内は`Enjoying a soft breeze!`でした。


01:03 : 絵画などトラックバック(0)  コメント(0)

アート作品と河川地図の相関関係?

先々週品川の画廊で、抽象画の銅版画を見ていた時の事だ。
思い描いていたのは、高空から俯瞰しながら飛翔する浮遊感覚だった。夏の昼下がり、ノンビリと気持ち良く遊覧飛行をしている気分に浸り、夢遊していたのである。しかもソレは、風切音のみで天空を自由に滑空する、グライダーでなければならなかった。いや、飛行船でも良かったのかも知れない、何れにしても速度は不要だった。
勿論、勝手な思索で画家の意図とは大きく離反するのだろうが、鑑賞側には誰にも立ち入る事出来ない、想像的治外法権がある。だから、作者には申し訳ないが個人的な想像力の範囲として、能書きを御容赦願いたい。

その想像力逞しい私が白日夢していた美術的錯覚は、高空から鳥瞰する大きく蛇行する河川や、区画整備されていない(ここがとても肝要)田舎道、そして町村集落などであった。
     sagami_river00.jpg  lisa_canaria11.jpg
恐らく、職業的意識がそうさせたのかもしれない。業務始動時、立地条件等を確認する為「必ず」と云ってもよい程まず地図参照をする、その後敷地条件や設計条件の確認に進む。そんな訳で、地図とは業務の度にお世話になるし縁もある、したがって私の右・左脳のシナジー効果も在ったのか、脳内フラッシュ画像として河川地図を勝手に描き出していたのも仕方がない事なのだろう。

そんな訳でもないのだが(ウソツケ充分に在る!)、近隣一級河川の(上記地図)土手堤を走りたくなり、先週末に短距離だったが、愛用Bikeで遡上往復してきた。しかし、ナンチャッテ親父のギャグみたいな、出来すぎの展開に我ながら呆れてしまう・・・・・・。
         1sagami_river1.jpg

         2sagami_river_2.jpg

         3football.jpg

         sagami_river3.jpg

ここで丁度頃合になったので、未だ飽きが来ていない毎度の冒頭書出しとなる。
国土交通省一級河川敷土手堤の舗装路と、隣町市街地の境界辺りの茅小路を海に向かって抜けると・・・・・、そこには周辺環境とは違和感が在り、松林ではなく「場違いな杉並木!」の向こうに、不釣合でチョット見慣れない欧州風の建築物が見えてきた。
         6hall_1.jpg

この建築様式は調べた訳ではないので不確かだが、一見重厚な英国王調様式と云った雰囲気を醸し出している。しつこく!!松並木ではなく「杉並木」に沿って徐々に進むと、その建物は結構な重厚さで迎えてくれるではないか!これが石積建築の迫力・重厚さ・ゴージャス感というもので、良い方の?特徴である。
           7hall_2.jpg
全くの推測なのだが、多分?式典や儀式に於ける記念写真撮影時、「借景 」を必要とする産業の建物なのではないだろうか?その為のゴージャス感を表現する必要が在り、投資コスト的には普通敬遠される素材決定なのだろうが・・・・?ナ~ンテ、実はタイル張りだったりして?

次回予告、今編は「川 」だったので次は・・・・・夏真っ盛りの湘南の「海 」に決まってるんじゃないの?展開がまたまた親父ギャグっぽいよ、まっイイカ!
でも最近の海岸では、ヘタにデジカメすると在らぬ疑いを掛けられ兼ねないので、スタイリッシュ姉ちゃん達のセミヌード、否修正!お姉様達のご様子はフォーカス出来ないかも知れないね。


00:00 : 絵画などトラックバック(0)  コメント(0)

夢の王国 / ギタ・サイクルーリング

Guit-cyclering | コスモ・エネルギー推進型自転車!?


guit_cyclering_sm.jpg

             Guit-cyclering | ギタ・サイクルーリング



良い子が眠る「 夢の中 」を飛翔可能な`ギタ・サイクルーリング`は、

コスモ・エネルギー推進装置をブラック・サウンドホールとして装備している。


駆動させるには、

チタニウム合金使用し精製された`ストリングス`奏でる必要があり、

始動時、パワーアシスト付ピッキングペダルを、徐々にだが力強く踏み込む。

すると、最新スペックのコンピューター・ウルトラボックスも作動し始め、

環境問題を考慮された、無害な陽電素粒子:プロトン・エネルギー発生させ、

無限`夢`空間へと舞上がれるメカニズムになっている。


シャシー・スペックは、

極めて頑丈軽量な炭素繊維、B.T.O カーボンファイバー・コンポジット使用し、

オートクレーブ成型加工され、美しい三次元曲面に仕上げられている。

また、大きな衝撃となるランディング・ショック吸収する必要性から、

特殊ゴム合金製のダンパー・ユニット・サスペンションが、

標準装着される仕様であった。


夢から覚醒時、

ハンドル・タイヤ・ウィング等はオートマチックに収納され、

普通のギターへと戻ってしまう、「 夢の王国にだけ存在する自転車 」 だった。

                  dessin_de_musik-01guitar_sml.jpg

このイマジネーション発意段階において、
実は、友人幼児の賛助が必要で在った。或る時、ギター携えその友人宅へ伺った折、ギターケースを横置きに立掛けておいたのだが、友人幼児はその上へ「 お馬さんのつもりで跨り 」遊んでいた。
ソノ素晴らしい想像力と感性に感心しつつ、「ホントはギターじゃなくて自転車なんだよ!?」 ・・・・止せば良いのに思わず冗談を云った。

ところが彼女、「 ジテンシャじゃないも~ん、オウマさんだよ 」 のお答え。
私も無邪気になって「 ホントだよ、君の夢中では空飛ぶ自転車になるんだ!?」、再び止せば良いのに調子づき、拙い想像力駆使し?幼児へ対抗した!

数日後電話すると、幼児が 「夢に自転車出て来ない・・・クスン 」 と騒いでいた、との御報告を受けた。

子供に嘘を云ってはいけない!
その幼児に対し、大人として責任全うする必要性感じ 、冗談ではなくなった?「夢の続き」作成必須になってしまった!?

結果、本気創造力働かせ 「 上記設計図 」 と 「 飛翔する自転車 」 を、一つの完結した「 彩色画付き物語 」 にして仕上げ、御届けすると云う経緯があったのだ。



20:37 : 絵画などトラックバック(0)  コメント(0)

デッサン ・ ド ・ ムジィーク / メイキングJ.P

Dessin de musique | Making J.P

ジャズ・ギタリスト、ジョー・パス | Joe Pass 氏を描く 「 オートグラフ 3 」 制作プロセス、私なりのフィニッシュ・ワーク方法、メイキング・リポートしてみようと思う。 

A.主役を描く

1 / 最初に、描きたい全体概略イメージ(構図)を決めておくと余り迷わない。
それ以外は、途中心変わりしても臨機応変、気の向くまま腕のストローク次第、変更自由にしておく方が楽だ。

2 / イメージへ近い参考写真や資料等用意し、ソノ資料見ながらポーズ決め 「 中り 」 を取りつつ、ラフ・エスキース作成してゆく。

3 / 今回は、実際のステージ体感したイメージ在るので、そんな観点も拠り所にする、しかし気持ち趣くままスケッチしてゆく。
また、写真そのままアングルでも良いのだが、描き表す面白味欠ける内容は、モチベーション低下する為、敢えて視点やポーズ変え、別アングル・エスキースを描き起こしている。
 
            dessin_jp-175dm.jpg



B.主役キャラクター性を模索

1 / 写実 「 そのまま 」 を描くのであれば、下図としては「 A 」の状態で充分。
しかし、私はキャラクターものや漫画コミック、動物等描く事 『 好み 』 とする、従って更にデフォルム変化させ、キャラクター性をより強く持たせてゆくのである。

2 / 何よりも 「 直感 」 を大切にしている。
「 観て・感じ・思った 」 ままが良い、だから何か決め事はしていない。今件、毛髪の関係なのか?印象として 「 動物 」 を余り感じなく、「 某ゲーム・キャラクター 」 と 「 虫プロ・御茶ノ水博士 」 のイメージが、第一インパクトだった。

3 / 進化した生物は頭髪ない・・・・かどうか不明であるが、昔の少年雑誌記憶辿ると、宇宙人画像に毛髪欠如している。
そこで、脳内シナジー効果?触発されたのか、耳が徐々に延びて長く尖り、「 火星人 」 へと変身したジョー・パス氏を、キャラクターへ進化させ?出来上がった。

    dessin_jp_face-cha.jpg


C.背景を決める

1 / 背景を空虚に感じなければ、何もしない方が無難。
これは、ステージ上での臨場感欲しかった為、存在感あるコントラ・バスに登場して頂いた。
実際のステージでも、デンマーク出身ベーシスト、ニールス・へニング・オルステッド・ペデルセン | Niels Henning Orsted Pederson 氏が、伴奏者としてリズム・セクション努めてくれていた。
             dessin_nhop-75m.jpg




D. A+B+C 合体させた完成図

             joe_pass-niels_pederson.jpg


※ 暮々も云っておくが、ミュージシャンが異星人のイメージだと言う事ではない
  ので、悪しからず。


12:48 : 絵画などトラックバック(0)  コメント(2)

クロッキー・ ド ・ モード / ルーズソックス

Croquis de mode | Loosefit sox

日常垣間見た「 風情や趣き 」感じては、腕をストロークさせスケッチして来た。

そのアーカイブ・クロッキー紐解き、10年強経過した「 速写 」検めて観てみると、懐かしさと共に時間経過が余分情報削ぎ落とし、ソノ時点では見えなかった輪郭や核心、浮上させる様な気もする。
印象的なシーンや時代風味など、時停定着され描かれた旧い資料、時系列順に試案掲載してみたので、ご興味在る方は御一読されたら如何だろうか?

以下は「 チョベリグ・チョベリバ 」全盛時、若者風俗から「 非日常性や不可思議さ、違和感 」等察知し、観察スケッチした『 歳時記 & クロッキー』なんだが、時代から課された試練へ不安感味わい、戸惑いながら直面した世代ギャップとの葛藤等、「 ルーズ・ソックス 」からフィルタリングされた「 視的風物備忘録 」、手前勝手ながら良く顕わされていると存ずるが・・・・。


19970607 :或る日の常磐線風景
手前から乗車した私の眼前で、女子学生達は「 エンコ !」している、胡坐をかき或いはベタ座りし、チャタリング中なのだ。

余り楽しそうではない話題なのだろうか、不似合いな?俯むき加減コギャル( 既に死語 )達は、大人未満の危うい不可思議さ漂わせつつ、背中はマル見えだし下着も見えてしまいそう、恥じらい隠す素振りさえない。
ナントモ行儀悪い女子高生達、恐らく不良学生ではない極く普通の、イマドキ娘達なんだろう。

       loose_sox001.jpg



19971024 :或る日の相模線風景
前座席に座る下校中の女子高生は、イキナリ!立膝し靴下をルーズ・ソックスへ、履き替え始めたのである。
コチラは正面へ座る為、下着見えてしまうのではないかと、瞳目浮遊し眼のやり場に困惑する。隣席青年も、読書などしている処ではないだろう。

電車内での履き替え理由不明なんだが、校則上ルーズ・ソックス禁止令でも存在するのだろうか?
多少観察してみれば茶髪でもないし、普通の女学生にしか見えない。
また以前だったら、この様な「 仕草 」非日常的映像に写っていた。ところが、とても行儀良いとは云えない車内風景も、最近慣れてしまったのだろうか、違和感が薄れて来た。  
       loose_sox02.jpg



19980705 :或る日「 ファッション 」を感じた風景
ごく最近街中で見た、意外と綺麗で新鮮味が在り、ファッション性を初めて感じたルーズ・ソックス。
殆んど弛みシワは無く、明治・大日本帝国陸戦隊ゲートル風?イメージへ、近似している印象持ったのだが・・・・好ましいフィーリングであった。しかしながら、当該女学生自体の綺麗なスタイル!も影響するため、判断曖昧さは否めない?
          loose_sox04.jpg



19981009 :或る日、考察分析し3種へ分類してみた
A / 比較的上まで上げて、下方だけ弛ませるタイプ。
恐らく容姿端麗に見える子・・・?または脚線美へ自信持つ女学生が、このタイプ好んでいるからかも知れない、中々良い感じする!

B / ごく普通の女学生は、この様な中位ポジションで留める。
群れから外れ際立って目立つ必要もないし、画一的流行?( 結構大切な仲間意識 )にも乗り遅れない、中途半端だが丁度良いのかも知れない。

C / 多少脚線美自信ない女学生は、足首太さを目立たなくさせる為か?弛みを下段へまとめている生徒多く、あまり格好良さは感じられない、普通に履いた方が目立たなく、より良い自己表現出来ると思うのだが・・・・。( ゴメンナサイ )
 
  loose_sox03.jpg
        A             B             C


以上
観察対象のモデルとなって頂いた女子高生達も、今や「 アラサー(30歳前後)」へ成長し、社会の中それぞれ大切な役割を、担っているのではないか?
いずれ、大部分母と成るであろう彼女達未来が、良縁と幸福で満ち溢れているよう、心から祈念している。


00:05 : 絵画などトラックバック(0)  コメント(0)