デッサン ・ ド ・ ムジィーク / 4-1

安物のギターを弾き始めたのは14歳からだった、当時流行のフォークソングやビートルズ楽曲が師匠を引き受けてくれた。

しかしその後、私の傾聴するカテゴリーに変化が在った事と、独学に限界を感じてギター教育を受け始めた事もキッカケとなり、購入した二台目楽器(左)がこのガット弦タイプの「 SHINANO準手工製クラシックギター 」である、元資は夏・冬二度の長期アルバイトをして貯めた。

だが、クラシックギタリストを望んだ訳ではなく、JAZZやBOSSA-NOVAを弾く為の「 理論と技巧 」を学びたかったのである。また、敬意するギタリストが多く存在するROCKからも離れたつもりはない。
右はYAMAHAガット弦クラシック(預かりモノ)。

Guitar02:SHINANO / No.61(1967年製)
    デッサン・ド・ムジィーク          デッサン・ド・ムジィーク
                           Guitar05:YAMAHA / C-250

STAEDTLER-EB鉛筆のスケッチ画は、敬愛するギタリスト「 Baden Powell:バーデン・パウエル 」氏への、オマージュとして描いたトリビュートデッサンだが、この素描は「 大量飲酒・喫煙で施設入所 」を繰返していた天才ブラジリアンの苦悩を、成人し飲酒するようになってから、アルコール中毒症に対し多少理解を深められた事から描いた。

「キタナク汚れた」イメージのある豚だが、現実はそうではなく「神経質でキレイ好き!」、タイトルは奇しくも「 おいしい水:Agua de beber 」となった。

※それぞれの椅子はデザイン化され、エスキースとして描き込んでみた。
暮々も云っておくが、ミュージシャン達が動物のイメージだと言う事ではないので、悪しからず。
        dessin_de_musique-baden.jpg

GIBSON / L-5 non cutaway model ( 1957年製 )
Author / by Luthier Reinaldo Digiorgio ( 1959~1971 )
Author / by YAMAHA grand concert by Akio Naniki ( 1988~1999 )

15:44 : デッサン・ド・ムジィークトラックバック(0)  コメント(0)

デッサン ・ ド ・ ムジィーク / 4-2

社会人初めての冬のボーナスだから全額支給ではなかった、しかも初任給の約2倍したシロモノであるこのギターに、当然ながら初回ボーナスが消えた。

言い訳がましく云っておく、「 親不孝者!」と罵るのは少し早い。
勿論!学卒後初めての給料では、親へ感謝の孝行!をしたし、多くはなかった月給からも家への毎月入金を喜んで?やっての事だ!

当然の事を自慢してどうするって・・・・・・・?
そんな自分と家族への「 気遣いの賜物 」として購入した3台目の楽器であった。
         Guitar03:YAMAHA / SG-85( 1973年製 )
                デッサン・ド・ムジィーク

STAEDTLER-EB鉛筆のスケッチ画は、敬意するギタリスト「 Erick Clapton:エリック・クラプトン 」氏への、オマージュとして描いたトリビュートデッサンだが、「 Too much Monkey business 」という楽曲をヤードバーズ時代に奏っている、それを曲の背景等は関係なく直感的なイメージで描いてみた。

「 不器用な手:SLOWHAND-2 」を見ていると「 美術屋ギターキッズ 」だった頃が懐かしい。因みに断っておく、昨今の「 スローライフ 」流行りは勿論知っている。しかし、このトレンド言葉とは全く脈絡がなく関係もない!?

そして、彼の抱えるギターは残念ながらYAMAHAではなく、トレモロアームを外した愛器ギブソン・レスポール・スタンダード、紫煙付!?

※それぞれの椅子はデザイン化され、エスキースとして描き込んでみた。
暮々も云っておくが、ミュージシャン達が動物のイメージだと言う事ではないので、悪しからず。
           dessin_de_musique-erick.jpg
   GIBSON / Les Paul standard. cherry-sunburst( 1959年製 )


00:05 : デッサン・ド・ムジィークトラックバック(0)  コメント(0)

デッサン ・ ド ・ ムジィーク / 4-3

バンド練習を始めた頃、スタジオへは常に数本ギターを持って行く。

楽曲によってはチューニングが違うから、時間節約のため予め違うセットを用意しておくと効率が良い為だ。

しかしこの「 ギブソン・レスポール・カスタムもどき?」4台目の楽器は、友人から譲り受けたシロモノなんだが・・・いやいや中々の問題作「 クロモノ?!」であった。
現代では、オールディーズのコピー製品を馬鹿には出来ない、イマドキネット内で「Japan-Vintage 」なるモノとしてブランド化されている。

クロモノ4台目が惜しいのは、ネックヘッド「 ロゴタイプ 」を残念な事に異にする。
かなり以前の事になるが、御本家ギブソン社から度々コピークレームが在り、グレコ社・レスポール型!!の1979年製造モデルのみ、追求から逃れるため紛らわしかった「 Grecoロゴタイプ 」を変更した、この「 変更後のモノ 」だったらビンテージモデルとして充分に価値が在った。
 greco_a.jpg  greco_b.jpg  gibson_logotype.jpg 
そんな逸話のある「 4台目のクロモノ?! 」を、常時ではないがローリング・ストーンズの「 Keith Richards:キース・リチャーズ仕様 」として、調音しておく事が多かった。良く見ると判ると思うが、譜面通り6弦は張っていない。
                guitar04a.jpg             
      Guitar04:GRECO/standard(open`G tune:6弦ナシ)

さて、デッサン対象者はキース・リチャーズではない!
彼のファンには裏切り行為の文脈で申し訳なく思う、しかし他意は全くないので、ご容赦を願いたい。

STAEDTLER-EB鉛筆のスケッチ画は、敬慕するギタリスト「 Jeff Beck:ジェフ・ベック 」氏への、オマージュとして描いたトリビュートデッサンだ。
これまで不運も在った彼だが、J.B.GroupからB.B.Aまで、ファントムの如き電光石火インストルメンタルを奏ってきている。

そのサウンドはロックギタリスト中、稀な事に「 コブシ 」が見事な程利いてるし、とても潔く意外性もあり、切れ味もシャープで鋭敏だ!

そんなイメージを逆手に取り、「大きく`鈍い`イメージ 」 と 「 ファントム 」 にタイトル託して「 伝説の象:Elephantom 」が出来上がった。判別しにくくて恐縮だがピック持つ右手首には、ディズニー時計(ミッキーマウスの腕が指針になっているモノ)を皮革ベルトで巻いている。

どちらかと云うと彼の楽器イメージは、トレモロアーム付「 Fender:フェンダー・ストラトキャスター」なのだが、ギブソン・レスポールも頻度多く持ち歩き、日本での演奏には使用していた。

また、彼の持っているレスポールは黒に見えるので「 カスタムシリーズ 」っぽいが、実際はゴールドトップをRe-finishしたもので、色名はご本人曰く「 OX-BLOOD 」カラーで仕上げている。

※注釈 / 暮々も云っておくが、ミュージシャン達が動物のイメージだと言う事ではないので、悪しからず。

       dessin_de_musique-jeff.jpg
 GIBSON / Les Paul goldtop. Refinished Ox-blood( 1959年製 )



参考までに、御本家GIBSON社ギターをカタログから提示しておく。
左側が「 GIBSON / Les paul custom 」、右側が「 GIBSON / Les paul goldtop 」

       57Custom2PU.jpg        57Goldtop.jpg
00:25 : デッサン・ド・ムジィークトラックバック(0)  コメント(0)

デッサン ・ ド ・ ムジィーク / 4-4

今編は、4-1で少しだけ触れた 「 初代ギターの鎮魂歌 」としよう。

数十年も前の事になる、ある日の新聞広告に上野松坂屋でバーゲンがあり、掘出物の中に「 そのギター」も売出されていたのだ。

朝食時、小遣いで買えそうなギターを見つけた旨を、話題として母方祖父に話していた。数日後の夜、部活で遅くなって帰宅し、部屋に入ると何か大きな箱が置いてある。

祖父が都内まで買いに行ってくれたのだ。
どうしても欲しかった、そして初めて触れるギターの感触!とても言葉に表現出来ないくらい嬉しかったし、挙句購入代金支払おうとしても受け取らなかったのである。
その事に対して、私の感謝の気持ちを正確には伝えられなかった、いや「 気恥ずかしくて言い出せなかった 」様に記憶している。
中学2年11月の出来事であった。

しかし家族にとっては、その後の日々は地獄の様相を呈したに違いない!?

楽器当初と云うのは誰でも最悪だと思うが、「 ヘタクソ以前の雑音 」でしかなく、その音源に四六時中悩まされる事になってしまったのである。
「 お爺ちゃん!」は、きっと家族全員からのヒンシュクコールも一手に引き受ける事になったのではないかと、謙虚に?推察する次第だ。

後にそのギターは、妹の手に渡ったが「 有難迷惑? 」だったのかも知れない。
結局末路は哀れで、ギターの事など全く不明なその下の弟が、海へ持って行ったりした為、天敵の「 湿気と塩害と紫外線 」で、錆も出るし表面板は剥離しバリバリになってしまい、恐らく廃棄されてしまったのだろう。

今から思うと、安物だっただけにとても弾き難く、常に指先には血マメが出来る様なシロモノだったので、惜しいとは思わなかった・・・・祖父の想い出は別にして。                   
               デッサン・ド・ムジィーク

さて、ROTRING-HBシャープペンのスケッチ画は、地味だが誠意と確かな実力を感じるベーシスト「 Timothy B. Schmit:ティモシー・シュミット 」氏への、オマージュとして描いたトリビュートデッサンだ。

永年積み重ねると「こんなに好い作曲が出来るのか!」と言う見本のような、彼のイーグルス時代の大ヒット曲「 I can’t tell you why:言い出せなくて 」のエンディング・リフレインは、私の身体に非常に心地よくフィットし、永遠に続いて欲しいくらいのフレーズなのである。

「 初代ギターへの鎮魂 」と「 祖父への想い出 」、それらが「 言い出せなくて 」と云う詩歌とエンディングフレーズに重なり、描いたエスキースが「 永遠の謳歌:Longnose Blues 」。

※それぞれの椅子はデザイン化され、エスキースとして描き込んでみた。
暮々も云っておくが、ミュージシャン達が動物のイメージだと言う事ではないので、悪しからず。
          dessin_de_musique-4a.jpg
    CARVIN / LB70 Bass guitar. platinum gold ( 1988年製 )
※最近使用器はCARVIN社のモノだが、作曲時と楽器製造の年月日から推察すると、恐らく爪弾く楽器の製造メーカーは多分、Fender社のモノだろう?


09:00 : デッサン・ド・ムジィークトラックバック(0)  コメント(0)

デッサン ・ ド ・ ムジィーク / 地味な頁

Dessin de musique | Modest Page
             
               zepp_1.jpg

山襞重なる山々の奥深い森に、

陽光を遮ぎり鬱蒼として静粛な、橅(ブナ)林があった。

森の沢尻には、岩肌奥底から聖なる清泉が湧き出す場所が在り、

小鳥達の渇きを潤す程に、聖水溜まりが出来ていた。


ある日、小さな「豆の実」は聖泉に落ちてしまい、

溢れた湧水と共に清水へ流れ、コロコロ・コロコロ旅に出る事になった。

やがて清水は小川へと変わり、緩やかな沢から険しい渓谷清流に合流する。

小さな「豆の実」にとっては急峻な流速に対して、

心持不安感を抱きながらも、渓流に身を任せざるを得ない。

我慢のトキは暫く続くが、やがて少し緩やかな中川へと合流する。

気付くと、その「豆の実」は皮も剥げ既にボロボロに成ってしまい、

「種子」が見え隠れする様になってしまった、それでも旅はまだ続く。


その後、いくつかの小川や中川と合流を繰り返すうち、

いつの間にか「豆の実」は、市街地の大きな河川へと流れ込んでいた。

その頃の「豆の実」は、果肉は殆んど剥げ落ち「種子」のみになってしまったが、

相変わらずコロコロと流れに身を任せ、潮の香り漂う河口までやって来ていた。

とうとう遠路遥々大海まで来た、ユラユラ・ユ~ラユラ大きな波も来る。

しかし塩辛い旅が長く続く事はなかった、小波に乗って海岸へと寄せられ、

「種子」は何処かの浜辺へ、片瀬波と共に打ち揚げられていた。


そして、いくつかの季節が経過し、

浜辺から、小鳥達に運ばれた「種子」は里山の森で芽吹き、大きく成長していた。

更に、ラフティング旅行!?から数十年も過ぎると、

「小さな豆の実」だった「種子」は、見間違うばかりの大木へと豹変し、

やがて白雲をも突き抜け、通天の階(キザハシ)の如く天空へと昇り、

青々した千年巨木に成りました。・・・・・・・とさ!!
             
学生時代、`Stairways to Heaven | 天国への階段` を最初に聞いた折、何故か?こんな情緒的物語を、曲想と共に脳裏に描きながら黙聴していた、そんな想い出がある。               
               zepp_1.jpg

さて、STAEDTLER-EB 鉛筆スケッチ画は、
英国三大ギタリストの中で最も若い故か?先輩達二人とは一味違う音色を醸しだし、インド音源参考に調弦された斬新な不協和音!?奏でる、心からリスペクトして止まない Led Zeppelin ギタリスト「 Jimmy Page : ジミー・ペイジ 」氏へ、オマージュとして描いたトリビュート・デッサンだ。

この素描は、奇しくもヤードバーズ | The Yardbirds に在籍した三人のギタリストを、贔屓せず公平!?に完結させる為描いたエスキースなんだが、クラプトン氏を「 Erick`Slowhand`Clapton 」と呼称したりする英国風シニカルさを込め、常に派手なステージ演じる彼を 「 Jimmy`Modest`Page | 地味な頁 」 としてタイトルにした。

ステージではこの楽曲になると、必ず12弦ギターに持ち替える。
しかもソレが、6弦と12弦の`ダブルネック`ギターなのである。また、イントロからアルアイレ演奏する為、「サビ」以降爪弾く為のピックは唇に咥えている、そして御得意の内股ポーズでもある?(部分図)
     
jimmy_modest_page_12strings.jpg
       Guitarist | Mr,Jimmy Page. & W`neck guitar.
             Whole size picture :click here.

GIBSON社カタログ品番に、SG/EDS-1275 と云う`ダブルネック・ギター`を見出す事出来る。

発売までの経緯は、レスポールタイプ後継モデルとして1961年、`SGシリーズ`と呼称されるE.ギターが発売された。その翌`62年に「 6弦 と12弦 」 を`SGデザイン`のまま合体させ、極めて斬新なダブルネックギターとして発表されたモデルなのである。

因みにイーグルス | Eagles の大ヒット曲、「 ホテル・カリフォルニア 」 演奏時使用されているのが、白色 | Alpine White のスタンダードモデルだ。

しかし、彼のWネックギターはスタンダードモデルに多少手を加えている。
米国ナッシュビルに在る、ギブソン社カスタムショップとのコラボレーションギターとして、`71年彼の意見取入れ製造された。入手可否は不明だが、現在 「 シグネイチャー・モデル 」 としてレプリカ存在する。

比較対照する為カタログ写真借用し載せておく。
`テイルピース`位置をブリッジのかなり後方へ、移動させている事が判る。恐らく、音色に 「 より変化 」 持たせ、演奏技巧バリエーションも増やす為であろうと推量する・・・?
     eds-1275_aw_sm.jpg                 eds-1275_hc_sm.jpg
  GIBSON. SG/EDS-1275           SG/Jimmy Page model`71
     Alpine White                   Heritage Cherry


※ 暮々も云っておくが、ミュージシャンが動物のイメージだと言う事ではないので、
  悪しからず。


20:33 : デッサン・ド・ムジィークトラックバック(0)  コメント(0)