Archives 2 / 安忠さん

070122/ 一石三鳥?!週末研究、第二弾

先週末、Bikeを乗せて南足柄に在る「 アサヒビール神奈川工場 」の工場見学へ行って来た、設計 / 安藤忠雄( Tadao Ando ) + 日建設計。
しかし生憎天候不順の為、Bikeは余り心地良いものではなく・・・、とは云え無料の「 ビール試飲とアンタダ体感 」、一石二鳥!までナントカ仕上げられた。

レストラン棟・建築外壁は、「 木目文様付・打ちはなしコンクリート」仕上のデザインが施され、「 和 」イメージを洗練し構築している様にも思える。また、訪問時の前庭は玉砂利敷き詰め状態であった、しかしながら手前勝手な想像すると、恐らく原設計において水面設定していたのではないだろうか?

何故かと云えば、フォギーな不鮮明写真で恐縮なんだが、晴天時は喫水面向こう側に、(多分?)足柄山山嶺の絶景、借景として観る事出来るのではないか、私だったらそんな配置計画考える・・・・?!

         アサヒビール南足柄工場|全景b
         アサヒビール南足柄工場|レストラン
         アサヒビール南足柄工場|レストラン


レストラン内部は、バイアスカットしているだけのスケルトン風天井デザイン、空間全てを物語ってしまう程、圧倒的な存在感表現している。そして、ヒューマン・スケール越えない「 天高 」も、好感持て心地良い意匠であった。

最後にオマケのトイレ、これもウチッパナシであったが、アンタダさんらしくなく多少怪しげ・・・・の感在り、誰かがヤッテしまったのではないだろうか?

             アサヒビール南足柄工場|レストラン
             アサヒビール南足柄工場|wc



22:52 : 建  築トラックバック(0)  コメント(0)

Archives 4 / 理顕さん

080617/一石三鳥!?週末研究 or 安易に外に出ませう第四弾!

今回は湘南地区からちょっと離れ、遠出となる。愛車 Folding-BIKE を後部トランクに乗せ、鎌倉・逗子経由で「 横須賀・城ヶ島方面 」へ向かった。

例によって、いつもの冒頭で恐縮だが・・・!?
観音崎海岸両側へ長く続いた「 椰子の木道路 」 から、九重折りの切通し小丘を BIKE で抜ける・・・と、そこにはイキナリ開放された人工的空間存在し、しかも外部環境美しくスケーピングされ、三浦半島らしい崖背景に大きな「 ガラスBOX状・白亜建築 」が、忽然!表出した。

鎌倉ではこの様な場所を「谷戸(やと)」と呼称する、しかしながら多少面積感在る「ヤト」である。その通り!本日目的地は、山本理顕(Riken-Yamamoto)さん設計、横須賀美術館 MOA なのだ。

大きな建物に相応しい形容ではないが、とても「 瀟洒!」で美麗だ。
残念ながら目的は絵画展示ではないので、入場料を支払わないし写真撮りまくる(勿論許可された所のみ)、管理側にとっては迷惑な来場客なのかもしれない?

       yokosuka_moa11a.jpg
         (C)YOKOSUKA M.O.A. All rights reserved.

       yokosuka_moa12a.jpg
       yokosuka_moa15a.jpg
       yokosuka_moa13a.jpg
       yokosuka_moa14a.jpg

上段より
1/周辺環境含む全景俯瞰
2/海岸道路から前庭アプローチと正面(西陽逆光で醜い!恐縮)  
3/クリーク状の屋外アート作品から「 理顕MOAを望む 」
4/展示室内と屋上ルーフとの緩衝空間
  設備・断熱・塩害防腐対策・ガラスイメージ保全等
5/階段室トップと屋上
  屋上と背後谷戸(ヤト)地面が平面上±0でぺイヴメントされている
   

23:42 : 建  築トラックバック(0)  コメント(0)

街中の景観 / キンダーガーテン・ポタリング

Town scape | Kindergarten Pottering | 幼稚園周遊

出来る限りだが足慣らしの為、週末は近隣Bikeツアーをやっている。
そこで偶然見かけた建築・デザイン・環境等、見ながら・遊びながら・情報収集するのが面白い。今回はそんな近隣で見つけた、子供施設をリポートしたい。

因みにポタリングとは、Bike( 自転車 )で目的もなくブラブラと散策する事。

さて、子供空間創作/設計やデザインにおいて、念頭に置かなければならない大切な項目がある。
第一に、該当エリアでの完璧な安全性を確保する。
第二に、大人側が幼・児童達の感性を「 大人のキャパシティー 」で測定してしまうのを止める、事である。

何故かと云うと、特にこの時期の幼児や児童達は想像力や感反応が無限大で、計り知れない能力の持ち主だという事、忘れてはならない。

街中で見かけて気になるんだが、対象者(幼児童)に媚びたデザインをした結果、中途半端で陳腐な空間となり「 建築やインテリア 」を台無しにしてしまっている例が、少なからず在る。

それらは米国某ランドイメージの、似て非なる形態模写をやってしまう事、などが原因や理由の一つでもある。
その巨大施設は対応する行政法規( 建築・防災 )も違うし、長年蓄積された優れた研究結果と経験値を礎に、其れなりのコストをかけて創作演出された、「 本物志向のショーデザイン 」である事承知するべきだ。

「 大人の児童心への郷愁 」に対して投げかけられたレトリック、良い意味での「 罠 」であり「 仕掛け | gimmick 」は、緻密な計算とコンセプトから出来上がっていて、そう易々とはコピー出来ない「 仕組み 」を持っている、一般的に余り知られている内容ではないので、情報不足は仕方がない事なのかも知れない。

ですから子供空間の設計受持つデザイナー達は、相手/幼児童達に媚びるのではなく日常業務と変わりなく対応し、特別な事をするのではなく自己の子供世界観のみを、頼りにすべきなのである。
ここにもノーマライゼーション | Normalization が必要なんですね。

そして、子供達の感性を見くびらずに、褒めて上げよう。
どんなモノ(建築・インテリア・遊具等)からでも想像力発揮し、大人も驚くような世界観構築できる。それを表現する手段「 言葉や技術 」が稚拙なだけだ。

だから、デザイナーは自分本来のフォルムを通じて、子供達と会話( マインドゲーム )出来る事を楽しめば良いのだ、媚びる必要は全くない。
結果子供達は、「 遊び 」と介在する空間それなりに感反応し、その想像力駆使し夢の世界へ飛翔する事だろう。



ポタリングしながら、たまたま見かけた下記写真の子供施設は、これまで述べてきた事柄が良質に表現されているので、掲載させていただいた。

車寄せ機能でセットバックした正面エントランス、何よりも外観マテリアルが素敵で印象深く、設計者の意図が伝わってくるファサードだ。下段は裏口と云って良いと思うが、春季・花爛漫になる擁壁スロープ部はデザインが一貫していて、神経が細部まで行き届いている。

       mgk1a.jpg
       mgk2a.jpg


これは別の幼稚園だが、R`面のファサードにした事が最大の勝因、インパクトの全てはここに在る。小窓が子供達の夢を誘いそうだ!

       ymy3.jpg        
          

最後に、安藤忠雄氏 | Tadao-ANDO がリニューアル設計の監修及び部分担当した子供施設、東京芸術大学近くに在る「 国際子ども図書館 」 のURL付けておく、ご参照されると良いと思う。
http://www.kodomo.go.jp/index.jsp
http://www.konoike.co.jp/sekou_k/sk-kodomo.html
http://www.kodomo.go.jp/100th/100th.html


13:00 : 建  築トラックバック(0)  コメント(0)

モールズ ・ モノローグ / 1

Mall's Monologue | モールの独り言

イオンモール日の出 : Photo 20081027 Sunny

僕は西多摩郡日の出町に、

昨年秋、竣工開設されたショッピングモールなんだ。

チョット都心からは離れるんだけど、高速使えば意外と近いんだけどなあ。

駐車場は約3.700台も停められるんだぜ!

都会のモールは2.000台前後だから、スゴイでしょ。

地下階は無く地上4階建てで、3階までが売り場、4階と屋上は駐車場だよ。

       hinodemachi_aeon_mall.jpg
       hinodemachi_aeon_mall2.jpg
          http://hinode-aeonmall.com/index.jsp

各テナントさんの構成は、ノジマ電気・W/Bシネマ・TSUTAYA・SATYのアンカーショップ含めて、飲食・物販・カルチャー・サービス・アミューズ等156店舗、出店しているんだよ!

最近竣工ショッピングモールの特徴なんだけど、「 母と子供 」への対応を重要視していて、ここも「 キッズサークル 」と云うエリアが3階に配置されているんだ。
だからフロアーは絨毯を敷き込み、天井の高さにもデザイナーが気遣いしていて、広々する感じにデザインして貰ったんだ!

それからもう一つの特徴、コレは他の施設では少ないと思うんだけど・・・・・?
近在する社)老人ホームのケアサービス部門がテナント出店、デイケア施設 「 サンライズ平井っ原 」 と云うサテライトを展開しているんだ。

「 子供と御年寄り 」は、国の基礎だから特に大切にしなくちゃね!

また、僕の体はそんなに大きく無いけど、家族で買物しながら歩くには、丁度良い大きさの様な気がするけどなァ。

ところで、以前はアンカーテナントと云ったら「 有名百貨店 」だったんだけど・・・・、
時代変化なんだろうか?トント見かけなくなってしまったね。

それじゃあ、近くまでいらっしゃった折には是非御立ち寄り下さい。


09:59 : 商業施設トラックバック(0)  コメント(0)

モールズ・モノローグ / 2

Mall`s Monologue | モールの独り言

アーバン・ドック `ららぽーと`豊洲 : Photo 20061115 Moisture
竣工開設は2006年10月5日、石川島播磨重工業の造船所(ドック)跡地50haが、住居タワー棟と共に再開発された巨大ショッピングセンターであり、天然資源のウォーターフロントそのままコンセプトへ反映させ、正に`ららぽーと`ドック・ベイを具現化した。

家族の滞留時間を考慮したエリア・テナント・施設等も用意されており、事故や怪我への配慮在れば、子供が走り回っている商業空間も中々良いものだ。
日本唯一の 「 キッザニア | Kidzania 」、好評博し開設後暫らくの間は、数時間待たないと入場できない状態であった。(`09年では東京店・甲子園店 )

時代のニーズと云ってしまえばソレまでだが、アフターバブル以降アンカーショップやキーテナントとして、百貨店誘致しなくなった理由を真摯に受け止め、考慮する必要感じるのは私だけではないであろう。

  urbandock1.jpg
  urbandock2.jpg
ドック・ベイ : 湾に向かって広がる屋外スペースには、地面湾曲した 「 ドッグ・ラン 」 や、メインステージと滝くぐり体験できる 「 アイランド広場 」 等が配備され、子供達の遊び場となっている。


エントランス・アトリウムへ設置されているパイプオルガンは、Bishop&son`により19世紀英国で製作されたもの。
また床材は、1階でウッドデッキ敷設されるが2・3階とカーペット敷きされており、歩行触覚に柔らかさ感じ、疲労度は硬質材料敷きとかなり違うのではないか?

       ubd1.jpg
       ubd3.jpg
       ubd2.jpg

配置計画において、平面図上数種の舟型形状を組合わせたハーモニーは、不自然に感じることなく、緩く優しい`R`となって内部空間に描き出され、絶妙な立体曲線を環境へもたらしていた。


21:49 : 商業施設トラックバック(0)  コメント(0)