スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- : スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)

デッサン ・ ド ・ ムジィーク / 雷神のメッセンジャー

Dessin de musique | Messenger of Raytheon.

1971年7月17日(土)は、忘却の彼方へ・・・・・は消滅しない!

今編は、当ブログ音楽カテゴリー内「 エクスプロージョン・チケット/1 」からの続編へ充たる、・・・否!「 前編 」へ充当させなければ順逆になる。旧東京後楽園球場 G.F.R 雨天ライブ翌年が、同球場の E.L.P や Free コンサートだったからだ。

私見お許し頂き申し上げれば、過去幾多のコンサート参加体験在れども、このグランド・ファンク・レイルロード | Grand Funk Railroad へ優るライブ、記憶持ち合わせていない。
同案件他サイトをネット・サーフィンしても、体感度合い等は各々相違する状況の様だが、近似する体験談ご披露されていて、概ね評判は良好以上である旨、確認出来る。そこで「 何故好印象だったのか?」、勝手ながら該当するであろう理由考察し、下記へ項目列記試みた。

   01.開放的な屋外コンサート
   02.ウッドストック・コンサート(映画)間もない時期
   03.前座終えGFR登場直前!突然天候異変に見舞われた
   04.真夏の豪雨だった為、上半身半裸可能ならしめた!
   05.大合唱(4万人?)可能な、覚え易いフレーズの存在
   06.風雲雷雨により、数時間待つインターバル後の開演
   07.ビッグ・ネームの上、シンプルなハード・ロック・バンド
   08.メジャー・プロモーター(キョードー)、年間シリーズ!6番目
   09.ロック・ビジネス頂点時期、トレンド且つファッション性の存在
   10.週末の為、大部分の方々が翌日休日の影響

理由はさておき、前座演奏全て終わりイザ出陣!と云う段、「 一天俄かに掻き曇り、月に叢雲花に風・・・」、ナンテ云ってられない突然の風雷雨模様、中止も充分在り得たものの長いインターバル後、幸運にも G.F.R ライブ決行される。

途中、雷鳴バック・コーラス従え?「 ハート・ブレーカー| Heat Breaker 」4万人大合唱と云う、極めて稀な機会演出された関係者全員へ慰労込め、雨対策・応急処置したギター抱えるマーク・ファーナー| Mark Farner 氏を、絵師・俵屋宗達モドキ「 雷神 | RAIJIN 」へ擬らえ、稲妻借景に勇気在る雨中ライブ続行した三人演奏場面、「雷神のメッセンジャー | Messenger of Raytheon 」、メモリアルとしてエスキース・スケッチ(部分図)描き上げた。
                
       Messenger of Raytheon / Whole size click here.
 markfarner_grandfunkrailroad_rainy_korakuen71.jpg
                GRAND FUNK RAILROAD
              Guitar & Vo :Mark Farner/Mr.
              Bass Guitar :Mel Schacher/Mr.
                 Drums :Don Brewer/Mr.


マーク・ファーナー氏抱える、「 メッセンジャー| Messenger 」ギターについて、多少説明加える必要在るかも知れない。

全く耳慣れない名称のギターだが、緊急雨対策でマスキング・テープ施されボロボロに見える、しかしながら大変珍しいモデルであり、その上氏自身による吹付塗装や(サンバースト色をミントグリーン)血管が描かれ、ピックアップやテイルピース等パーツ交換されている、プライベート・ギター仕様でもあった。

このメッセンジャー、米国製ギターなんだが馴染みないのは当然、西海岸の製造会社 MUSICRAFT.INC(SFO) は、`60年代後期半年間程稼動した後、残念ながら活動停止してしまい、現存していない。
ところが、大変興味深い事にこのギターは、ネック & ネックヘッド素材がアルミニウムで一体成型(特許取得)されており、掌手へ馴染ませる為薄くパテ処理加え、サンダー後塗装掛けし磨き上げていたシロモノなのだ、そして当時販売数も200台程度しか流通していない、希少機種でも在ったようである。

現在入手するには、やはり米国メーカーのイーストウッド | Eastwood 社が、メッセンジャー・レプリカ・モデル( Green と Cherry )製造販売引き受け、下記左側を生産継続している。

また後楽園演奏時、セミアコ・サウンドホールやクラック及びビス穴等、防水考慮した「 応急処置図 」を下記右側へ載せておく、濃色がガムテープとマスキング・テープにて処理した部分である・・・・察するが気休めなのだろう。
「 防水!」意味するのは、二次産物として漏電(アンプ・ショート)から逆流感電も在り得る、天候異変影響下無二の感動体験出来たようだが、演奏側はソレこそ命懸けだったのではないだろうか?エレキ・ギター感電死!滅多に起こらない事故ではある、しかし過去ナイ事はナイ。

        ew_messenger-gb.jpg          messenger_tapingsm.jpg
      Eastwood`Messenger`      Waterproof Taping !

暫く後、或る噂がマコトシヤカニ流され聞こえて来た!
彼等は最悪事態を恐れ、楽器通電せずにテープ・アフレコ(カラオケ)、していたのではないか・・・・?
真偽の程は専門家判断へ委託する、しかし周波数を臨場体感した私の聴覚は、反意を唱え「 音質が違うよ!」と、不謹慎な風聞を完全否定している。



※ 暮々も申し上げておきます、ミュージシャンが他のイメージだと云う訳ではない
  ので、ご理解下さる様お願い致します。
※ 楽器掲載写真は、カタログより引用させて頂いた。


スポンサーサイト
11:25 : デッサン・ド・ムジィークトラックバック(0)  コメント(0)

航亜リポート / 中華民国 3

Asian report | Republic of China 3

業務及びプライベート含み、数限りなく海外ホテルへは宿泊機会在る。

その折、出来得る限り部屋平面等を、職業柄スケッチする事にしているが、諸事情も在るので滞在する全室のスケッチ、と言う訳にもいかなった。
しかしながら、数十年間に亘るドローイング量は、結構な作図枚数になっている模様でもある。そこで、現地にて感じた事や臨場体験等通じ、多少コメント加えながら各国掲載してみようと思っている。


中泰賓館 | Mandarin Hotel. | ホスピタリティ
中華民国(台湾)・台北市内のホテル、北京語で『 中 』は中国、『 泰 』はタイ国を意味し、『 賓館 』がホテルを意味する、また賓館以外にも「 酒店(広東語) 」或いは、「 飯店(北京語) 」とも書き表し、それぞれ同意味持つようだ。
そして、全体通し「 ツォン・タイ・ピン・クワァン 」と発音する、歴史が在り格式も持ち合わせる、上級クラス・ホテルでも在る。

下記は、10階へ通された折の部屋・平面スケッチ図。
インターナショナル・クラス!と云ってしまえばそれまでだが・・・、日本でビジネス・ホテル慣れしている故か、ダブルベッド・ルーム理由差引いても、充分な面積へ多少戸惑い感じる程だった、「 広い 」と「 寛ろぐ 」同意語ではない、しかしリラックス出来た原因、「 広さ 」充分関係しているのではないだろうか?

          taipei_hotel_sm.jpg


ホテル・サービスの内大変重要な要素「 おもてなし 」、面積や家具・調度品等インテリア・デザイン以外、中々感じ取れる機会少ないのだが、この国では「 夏の冷房と日本語会話 」対応が、重要なホスピタリティ| Hospitality になっているのではないか、などと勝手ながら判断していた。

台湾の国際ホテル・フロントでは、日本語通じるスタッフ常駐するケース多く、殆んど会話不自由する事がない、したがってサービスへの好感度も大変良くなる。

周知の如く、海外滞在時コミュニケーション可否は、旅行者において極めて重要案件となっており、現地での意思疎通不安から体調崩す方も居るくらいだ。台湾の場合は、海外出張している感覚が薄れる程会話気遣い必要なく、多少遠隔地の国内出張如き錯覚さえする、安堵感成せる業なのであろうか?

渡台初期の事である、中華料理油脂が合わなかったのだろうか、常時「 胸ヤケ 」に襲われ胃薬服用しながら業務していた。
そんな折、対処法在ればと思い「 駄目モト 」で、フロントへ相談持ちかけてみたのだ、すると翌朝から「 和風!のお粥 」へ「 和風!の梅干 」付けた一汁一菜、ルーム・サービスして呉れたのである、ソレまでは階下レストランへ赴き、バイキング朝食摂っていたのだが・・・・。

ホテルマン曰く、日本人によく在る茶飯事なんだそうだ、そのお蔭なのか胸ヤケは多少回復し、業務支障きたさずに済んだ。

しかもチェック・アウト時、「 ルーム・サービス三日分 」精算されてない、勿論その旨伝えたのだが、サービスなので不要との事であった。多少、浪花節的気分を味わいながら帰国の途へつき、『 猪口才な事するじゃないか 』・・・・、冷房と日本語だけではなかった!

単純にもコノ一件で、台湾を気に入ってしまった。


11:36 : アジアトラックバック(0)  コメント(0)

デッサン ・ ド ・ ムジィーク / オートグラフ 5

Dessin de musique | Autograph 5

ジャズ・ピアニスト本田竹曠氏と私には「 或る共通項 」が在る、お蔭で妙な親近感を勝手ながら持っている。

ところで、何時頃からなのであろうか?
お名前の「 曠 」が「 広 」へ変化した様なのだ、「 漢字表記 」修正思う処在っての事であろう、私の手持ちノートへは、「 曠 」記された署名が残っている為、変更因果知っておきたいとも思う。

・・・と言いながら恐縮にもお会いするまで、「 勝手な親近感」以外本田氏についての詳細知識、それ程持合わせていなかった。
勿論、全く知識が無いと言う事ではなく、氏はフュージョン系ジャズ真只中でも、熱くジャズっぽい由緒正しきピアノ!弾かれる方で在り、また国立音大出身のエリートでも御在りになる、ソンナ程度の情報や印象は持っていた。
それにも拘らず一度御縁が在った、渡欧する渡辺貞夫クァルテットへ「 追っ駆け 」同行し、搭乗機のスイス・エアー| Swiss Air に、我々も同乗していたのである。

この欧州演奏ツアー最中、渡辺貞夫氏含むメンバー4人と、同行方々の夕食機会もあった、会食後リラックスした懇談となり、和らいだ雰囲気になった折見逃さず、本田氏からオートグラフ頂いたので在る。
記帳時、「 共通項 」お伝えしたら「 ソノ事 」も書込んで下さり、意外に無骨そうな指(失礼!)でペン持つシーンが、何故か残像として刻印された。


さて、普段穏やかで優しい佇まいの方だ、 しかし鍵盤前ではリバース・スイッチでも在るのか、パワフルで強烈な独断的モードに包まれ、他者入り込む余地拒絶するかの如く、雰囲気醸し出し別人へと変身する。

そんな印象受けた本田氏、`75年モントルーJATPジャミング・セッション時、錚錚たるジャズ・ミュージシャン中へ、日本人代表?として参加した折イメージを、富士山「 富嶽・凱風快晴 」借景に、裾野地域へ伝承される鹿や猪等の害獣退治意味から、「 山の神 」として信仰対象だった『 大神:オオカミ`狼`』へ化身させ、氏直筆署名とコラボレートさせつつ、エスキース・スケッチ描いてみた。

その昔、富士山裾野一帯には現在絶滅してしまったニホン・オオカミが、群れを成し生息していたと云う・・・・・。

     takehiro_wolf_honda_sm.jpg
             Jazz pianist : Mr,Takehiro Honda.


因みに、本田氏は`73年サダオさんのバンドへピアニストとして加入され、以降渡辺貞夫クァルテットで御活躍されていたのだ。その後、周知の如く`78年には、峰 厚介氏や村上 寛氏等とネィティブ・サン結成され、`75年に続き`83年再びモントルー・ジャズ・フェスティバルへ出演された。

そして、存じ上げなかった事「 今一つ 」存在したのである!
最近になってから、本田氏御子息がジャズ・ドラマーとして、御活躍されている事知ったのだ、本田珠也氏で在る。ところが、御子息の伯父上が「 渡辺貞夫氏?」だというのだ、同姓同名の方かと思いきや「本物!」であった。

家族構成の事まで存じ上げなかった、氏の奥様チコ本田さん(ジャズ・ヴォーカリスト)は、渡辺貞夫氏「 実妹 」だったのである。つまり本田竹曠氏は、義兄・渡辺貞夫氏とモントルー・ジャズ・フェスティバル参加され、演奏していたのだ。

残念な事だが本田氏、日本ジャズ界や多勢のファン達から惜しまれつつ、2006年1月心不全にて御他界されている、享年60歳。


※ 暮々も申し上げておきます、ミュージシャンが動物のイメージだと云う訳ではな
  いので、ご理解下さる様お願い致します。

12:00 : デッサン・ド・ムジィークトラックバック(0)  コメント(0)

デッサン ・ ド ・ ムジィーク / オートグラフ 6

Dessin de musique | Autograph 6

ジャズ・ファンには恐縮ながら、極上の「 想い出 」を持っている!

それは、欧州高級ホテル内での偶発的な出来事だった。
或る時、相方がルーム・キー預託せず外出してしまい、入室出来ないまま広く長い廊下据置きして在る、クラシックなソファへ腰掛け手持ち無沙汰にしていた、するとエレベーターホールからソレと判る一人の紳士が、ストラップした一眼レフ胸に、此方へ歩いて来る姿確認出来た為、緊張伴った鼓動覚えたのである。

ドア付近までいらした時コチラから会釈すると、お気付きになられお互い挨拶を交わしたのだが、隣室だった事も在り紳士は私を見知っていたのであろう。

しかも状況察せられたのか、御自分の部屋へ「 アノ素敵な笑顔で 」お誘い下さったのである、大変光栄と存知ながら辞退すべきかどうか一瞬迷いが生じた、しかし直ぐ打消し冷静さ装いつつ、御親切へ甘えさせて頂く事にしたのだ。その隣室紳士とは日本ジャズ界至宝、ミュージシャン渡辺貞夫氏で在った。


ところで、下記「 トラベル・ツール 」御存知であろうか?
使用時は、1.を 2.の如く「 真水入った耐熱容器!」へ入れコンセント差し込めば、簡易に1人分給湯出来るシロモノなのである。写真は「 パイプ・ヒーター 」と呼称し、欧州対応器具(220v/500w)だが、他に「 ミニ・クッキング・ヒーター」等、各社商品名異なり販売されているようだ。

   P_heater2.jpg     p_heater1.jpg
           1                        2
話を元へ戻そう。
氏の部屋へ招かれ暫くすると、鯉沼利成氏(現・鯉沼ミュージック社長)とスタッフ女性もやって来て、私含めジャズ談義になった。その折、御二方が『 貞夫さん 』と呼称する為、私もその様に呼ばせて頂く許可を!氏から得た。

サダオさん!は日本を飛立つ折購入したと云う、「 注/寿ダルマ」と乾燥貝柱や梅干等の酒肴出し、イレギュラーな来訪者へ御気遣い下さり歓待して呉れたのである、私はウィスキーちびりながら過ぎ行く時を忘れ、夢中彷徨った。

そして夢うつつ午餐も、サダオさんの「 コレ美味いんだよ!」に束の間白昼夢から覚醒した、氏はそう云いつつ『 インスタント善哉 』と、上記『 ミニ・クッキング・ヒーター』出され、湯を沸かし始めたのである・・・・・。
クァルテット及び関係者含め、約一ヶ月間欧州演奏ツアー故、氏においては「 和物諸々」お持ちになっている様でもあり、スイス・モントルー後、南仏アンティーブ音楽祭へ向かう予定との事(当時)だった。

渡辺貞夫氏から御馳走になった「 寿ダルマと酒肴 」、そして「 御汁粉 」 と 「 ミニ・ヒーター」は生涯記憶へ留められ、その後食した如何なる善哉とも相対比較不可能な味覚であり、極上の「 想い出 」となっている。


さて下記スケッチは、貴重な「 和風携帯品 」御馳走になって仕舞った、御礼と感謝込め描いたものだが、在りし日の義弟・本田竹曠氏バックにセッションする勇姿を、スイス「 アルプス山羊 」の優しいイメージへダブらせ、オートグラフ(直筆署名)と共に富嶽・連作エスキースさせて頂いた。


      sadao_sheep_watanabe_sm.jpg
         Alto saxophone player | Mr,Sadao Watanabe.

氏を拝見していると、ヒトは精神年齢重要な事よく判る。
今年、御歳76歳お迎えになるにも拘らず、全く「 老い 」を感じさせず現役真只中である、現在でも海外音楽祭へは御足労されている様だが、健康面ご養生の上( 何時までも )御健勝を心より祈念申し上げている。


注/輸出用サントリー・オールドの事、Duty Free shop では「 寿 」銘柄ラベル、
  且つ「 容量増 」で販売され、国内購入不可製品だった。因みに、サントリー創
  業当初社名が「 寿屋 」である、国内オールドはコチラ参照。         

※ 暮々も申し上げておきます、ミュージシャンが動物のイメージだと云う訳ではな
  いので、ご理解下さる様お願い致します。


11:30 : デッサン・ド・ムジィークトラックバック(0)  コメント(2)

航亜リポート / インド連邦共和国

Asian report | Republic of India.

 munbai_old_sm.jpg

インドは、南アジアの大国だ。

我国では古来より、コノ方面!を「 天竺 」として崇めて来た歴史もある、だが近代においては一般的に「 仏教とカースト、象とカレー?」以外、馴染みが薄い国でもある、和英正式名では、インド連邦共和国 | Republic of India.

理由として考えられるのは、1991年までインド憲法における「 社会主義共和国制 」、且つ「 中立非同盟 」制度を布いて来た為、日本との関わり希薄だったのではないだろうか?
また、中立とはいえ東西冷戦終了までは反米親露でもあり、我国外交上無条件で最恵国待遇出来なかった事、影響しているのかも知れない。渡印時、軍事供用空港でも在った為空港内撮影禁じられており、「 ミグ・ジェット戦闘機 」が配備されていた状況、ラウンジ・ロビーより垣間見ている。

ところがインド政府、`91年以降「 インド型社会主義 」の実験終了?宣言し、経済自由化政策へ国策転換したのだ。
その影響なのか、南インド最大貿易都市ボンベイ| Bombay 英名称を、1995年現地語ムンバイ| Mumbai へと変更した。尚ボンベイ語源については、16世紀ポルトガル領時代名称「 ボン・バイア:良い入り江 」へ由来する、ラテン系言語詳しい方ならばお判りであろう。


Searock Sheraton Hotel. | 良港の暁雲
ボンベイ市内のホテルだが、中心街から多少離れた海浜へ立地する。
住所と名称示す通り、客室窓外からは椰子ノ木や海浜が借景され、リゾート雰囲気醸し出す400室程の小奇麗なホテルである。国内的には Welcom group と在り、海外資本提携先 Sheraton Hotel 、その他は恐縮だが情報不足で判らない、ソコソコなのではないだろうか?

また、ダウンタウンから距離在る事幸いし、市内喧騒から隔離され?非常に静粛な環境味わえたものの、ロケーション関係なく降雨する朝夕スコールと、強い陽射しが影響する高湿度には、外出する気力萎縮させる蒸し暑さでも在り、嘗て体験した事無い程の湿気だった。

したがって、食事全てホテル内レストランで済ませる事になった。
ところが、ヒンズー教典戒律「 牛肉不可」お国柄でもあり、ソレを体験する意味でビーフ・ステーキ注文試みる、メニューへは存在した!しかしながら嗜好合わず推薦出来ない味覚であった。だが飲料水代用の、「 Heywards 」銘柄インド産ラガータイプ・ビール、発汗した故なのか?普通に美味い。

         bombay_hotel_sm1.jpg

「 仏教・ヒンズー教・イスラム教 」イメージ、強く持っていた先入観からなのか?
外出時の街中体験では、キリスト教・カテドラルや英国風寄宿学校生徒、また英会話不自由さ感じなかった事等へ、違和感を感じてしまった。
考えてみれば「 東インド会社 」存在した国だ、不幸にも英国殖民地支配中だったにせよ、公用語として英語教育奨励され、多少「 巻き舌 」では在るものの英会話大変流暢、当然なのだ。

さて、I.T サービス業新興国「 注1/BRIC's 」、昇日の勢い目覚しく他国追随凌いで来たが、昨年中頃から暁勢へ暗雲現れ、成行き不透明感増して来ている。米国ウォール街発、金融・経済危機によるグローバル・リセッション影響、これら国々へも例外ではなく、前途多難な時期訪れつつ在るのかも知れない。

取分けインドは、米国と「 注2/地球反対側&英語圏&コスト 」等の優位性生かし、NASAやシリコン・バレーへ優秀な人材及び企業派遣して来た。しかしながら近年ソノ優位性も急変し、インド国内補正対処を余儀なくされ始めている。

 munbai_future_sm.jpg
      Under construction now, will be finished 2010 ?


注1/ 「 BRIC's 」 = Brazil ・Rusia ・India ・China のイニシャル組合せ。
注2/ 地球反対側 = 米国進出インド企業は、本国と昼夜真逆の利点生かし、
    フル稼働体制で望める。


10:50 : アジアトラックバック(0)  コメント(0)

花は何処へ行ったの?/ ポタリング

Where have all the flowers gone?| Pottering 20090504

キングストン・トリオのヒット曲『 注/1花は何処へ行ったの?』パクッた。

連休前、車で或る川辺橋上通り掛かった折、両岸マッキーロ!『 菜の花 』真っ盛りだった為、連休中気分転換兼ねポタリング・リポートするつもりでいた。ところが、「 花の命 」10日間待ってくれなかった、その顛末が下記写真である。

近隣一級河川支流であるコノ川辺まで、デジカメ・アングル等イメージしながら、ペダリングして来ただけにショック!花は何処へ行ってしまったのだろうか?

青々しい新緑も良いが「 無いモノ 」は仕方がない、諦めつつ暫しのイメージング・タイム・・・、すると他の曲だが丁度良いヒット・チューン!脳内検索でピックアップされ、聴覚へスタンバイされた。
ニュー・クリスティ・ミンストレルズ!ヒット曲『 注/2グリーン・グリーン 』だ、これなら新緑イメージへピッタリくる。

冒頭記述をブログ用に創作した訳ではない。河岸土堤遡上する為に必要な「 気持ち 」、シフト・チェンジしなければ成らず、脳内自慰行為したのだった。
ビオ・トープな自然河岸川辺、黄色一色に染められた「 菜の花 」観察しながらのポタリング、残念ながら来年へ持ち越されたが、パワー甦生と気持ち切り替えはスンナリ出来た。

                    Green Green!
         pt_r01.jpg  
         pt_r02.jpg
         pt_r03a.jpg
         pt_r04a.jpg


青々しい土手堤には川面渡る微風そよぎ、肌合湿度低下させ心地良い。
しかしながら、自然河川の土手堤ベア・グラウンドが、今一クロス・バイク向きでは無く、「 座面心地 」芳しくない為道程変更し、土手堤から一旦離れ市街地から農免道方面へと向かう。

冬季遊休していた田園地帯も、春になり雑草も生えて来る、ソレを押さえる意味と有酸素化する必要性から「 土をほぐす 」、入梅までにしなくては成らない田植え前作業始まり、中々農家も忙しくなりそうだ。

田園地帯通り抜け再び土手堤へ戻る折、裏通り法面下方に「 サクラソウ 」が、ヒッソリとしかも群生している箇所偶然見つけたのだ、大体30~40m程の裏堤へ隠れる如く開花し、薄紫色濃淡を咲き競っている様だった。

さて本日のポタリングは、パワー・ペダリング殆んど必要としなかった道程、ソレでも距離計が約21km指し示している、疲労感全く感じてないものの、熟睡出来そうな程良いトリップ・メーター指標である。

            pt_r05.jpg



注1/ 花は何処へ行ったの?
ピート・シーガー作曲、キングストン・トリオ | Kingston Trio 他ジョーン・バエズやP.P.M等、当時多くのフォークソング歌手達に謳われ、日本でも邦訳詩付けられ森山良子さんレパートリーだった、`60s ヒット曲だが内容は、とても哀しい詩歌のプロテスト・ソング(ベトナム反戦歌)

注2/ グリーン・グリーン
バリー・マクガイア作曲、`60年代初頭多くの合唱隊が活躍していた、ミッチ・ミラー合唱団やレイ・コニフ・シンガーズ等、そして当時「舌噛みそうな名前」とイントロ紹介された、ニュー・クリスティ・ミンストレルズ| The New Christy Minstrels もその一団であり、この曲がヒットして一躍有名に成った、こちらも結構重い内容(人生・家族・命・死)を詩歌にしている。


16:12 : ポタリング:自転車トラックバック(0)  コメント(0)

街中の景観 / 低炭素建築?

Town scape | Low carbon construction ?

view0.jpg

                     
環境問題テーゼされて久しい、しかし街中建築物は相変わらず「 前世紀の効率思考 」、多少疑問感じ始めている方々居られるのではないだろうか?
「 ・・効率思考 」意味は、注1/ 高層階推進による高人口密度環境を、建築し続けている建設現況を意味し、「 国土狭小我国だから云々」の時代錯誤先入観へ、方策講じる時期が来つつ在る様にも思うのだ。

そんな折、ポタリング・ルート上想定していなかった対象物、『 県立養護学校 』校舎へ遭遇した。(写真参照)
周辺環境考慮した粋な色調だったからなのか、偶然通り掛かったにも拘らず無意識でペダル停止させ、デジカメしている私が居たのも不思議ではない。恐らく投資効率上否定される、「 低層階建築物 」視認し直感的な好印象、持ったからではないだろうか?ソレ程世間では「 ヨコに長い!建物 」希少なのである。

さて、話題スライドさせ恐縮だが最近のニュース視聴していると、政府補正予算案(約14兆円)について、珍しく!政治的関心集め多種論議されている、米国ウォール街発の世界的経済リセッションが、庶民生活へ直接影響出始め実感しているからではないだろうか?

ところが、14兆円補正予算内の『 低炭素社会実現 』へ、約「 2兆円!」も予算組みされている旨意外と知られていない、また「 京都議定書 」においても、Co₂ 削減社会提言されているようだが、「 補正予算案 」と比較し社会影響いささか盛上りへ欠け、庶民レベルの関心度希薄感、否めないようだ。

          view2.jpg
          view3.jpg
                  2層階建築の校舎意匠


そこで社会背景と時勢へ便乗し、低炭素社会ならぬ『 低炭素建築!?』、この建物参照しつつ説明させて頂くが、建物自体の『 低炭素 』如何論じるつもりではなく、通り掛かった折「 ソレ 」を満たす要素、持ち合わせている好例と感じた故、関係者には採り上げる旨お許し頂きたい。

「 ソレ 」示唆する内容は、20世紀産業構造から培養された発想から脱却しつつ、未来見据えた長期試算計画踏まえ、「 21世紀型インフラ整備計画 」発想する必要在るのではないか?意味する。また「 低炭素建築 」実現へは、少子高齢化や総人口とも深く関わり、直近現状を打開する訳にも行かないのだが、以下へ「 成立条件やファクター」整理し項目列記してみた。

                 21世紀の社会背景
1. 電子ネット社会進行による、人(材)集約不要と成りつつある現在、高付加価値敷地への建築減少する、したがって投資効率も好転する。
2. 京都議定書Co₂ 削減値、クリア義務各企業へ課せられるだろう、建設業におけるセメント生成時、石灰からの大量Co₂ 発生、低下義務生じてくる可能性在る、また鉄骨や鋼材など製鉄時においても、同様課題解決へ迫られる事であろう。
3. 化石燃料枯渇問題 &エコ課題から、代替エネルギー(風力・太陽・地下資源)への転換、重要課題である。
4. 総務省発表の今後総人口推移グラフでは、注2/ B.B.J 層除き昭和団塊世代以降、減少方向に在り「 中・低密度 」人口想定されている。(下記グラフ参照)

                   実現への策定
1. 郊外の低付加価値且つ広い敷地へ、公共施設や住居施設或いは商業施設やオフィスビル等、低層階建築計画(ヨコに長い建物計画)する事により、「 中密度社会 」が構築可能と成る。
2. 中密度社会構築できれば、自然エネルギーを効率使用出来る為、見直される可能性高い。現在は「 高密度社会 」、高層ビル日照問題や需給バランス上、自然エネルギー低効率とされている。
   
                  低層階建築の利点
1. 資源乏しい日本向き、セメントや鉄骨少なくて済みCo₂ 課題へ対処、投資効率も低下しない為、建設価格など低下及び減額させられる。
2. 地震大国安全面からも日本向き、建築構造負荷を大幅減免し効率的、且つ避難経路の縦移動も少なくなり、安全性格段にアップする。
3. 低層階建築は低・中密度集約となり、周辺環境へ対しフェアに、そして供給上の問題発生なく、自然エネルギーを効率使用出来る。
4. 必然的に、騒音・渋滞・汚染・窮屈・無関心等の、悪い環境も好転する。


   sm2007h19.gif
                  政府総務省資料より



参照させて頂いた校舎建築は、自然へ囲まれた広い敷地内配置され、感性クォリティ高い色調から品性醸し出す、2層階建築の「 ヨコに長い建物 」ソノモノであり、ヒューマン・スケール越えない適度さを併せ持っている。

しかも一般建築とは違い、養護学校故の諸法規も存在するであろう。
しかしながら設計コンプライアンス含んだ上で、望める限りの「 低層階建築 」へ好印象感じられ、建築法規や投資効率等、数値的ソリューションも表面化せず、「 穏やかな知性 」や「 豊かな情緒性 」など、建築デザインから『 緩やかさ 』感じずには居られなかった。

view00.jpg



注1/ 高層建築
国土交通省運用法令や都市計画法では「 6階 」以上、また消防法は「 31m 」越える建物、建築基準法においては特に指定ないが、「 60m 」越える建築物は構造上の規制を受ける。

注2/ B.B.J
ベビー・ブーマー・ジュニア頭文字、団塊世代を親とし現在「 30歳前後の層 」を意味している。                

12:58 : 建  築トラックバック(0)  コメント(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。