街中の景観 / 雑木林

Town scape | Thicket.

スタジオ・ジブリ作品『 となりのトトロ 』は、昭和30年頃の武蔵野里山をモデルにしており、「 雑木林や田園風景の郷愁 」と云う、嘗ての東京面影がノスタルジックで懐かしく、ヒットへ繋がる要因だったのかも知れない。

職業柄「 材料学 」必須の為、現在まで木材とは深い関係保ちつつ、多少なりとも知識も持合わせている。しかしながら、上記「 ゾウキバヤシ 」が人工林だったなど思いもよらず、近年`低炭素社会`関係書読んだ際、教えられたのだ。


さて、「 雑木林 」と云えば武蔵野!を思い起こす方々多いだろう(全国イメージではないが)、そして武蔵野とは広義に、旧「 武蔵国 」台地及び原野指す一般的な呼称である。
下記古図によれば、「 東京都と埼玉県ほぼ全域、そして神奈川県北東部 」まで包含し、古来より「 武州 」とも云われていた。

この林を形容する造語創出時期については、時代を明治後期まで遡る。文豪国木田独歩氏が1901年(明治34)発表した小説『 武蔵野 』に、広葉落葉樹四季折々の美しさへ感銘し創作したのだろうか、「 雑木林:ゾウキバヤシ 」らしき記述が在り起源とされている。

また、業務用語だが林産業において「 ザツボクリン!」なる同名異語も存在し、スギやヒノキ等の有用人工林へ対し、そうではない叢林を指す語彙がある。実を云えば「 そうではない叢林 」へ分類された事に、歴史的な意味と中々興味深い経緯も込められているようだ。


         thicket00sma.gif
                延喜式古図 / 武蔵国の諸郡


話は江戸開府直前の事だ、朝廷御座す雅な雰囲気持つ西国地域、それに比べると原野不毛地帯だった東国、開拓され始めた理由は徳川家康の江戸遷都からである旨、ご承知だろう。

当時、武蔵野西側一帯は台地の為水利も悪く不毛原野、東側は利根川が江戸湾へ流入していた事も在り、氾濫多発の泥沼湿地帯、農耕地や居住地として人畜有害な!?ススキヶ原や芦ヶ原だったのだ。
しかしながら江戸期へ入ると状況一変し、泥沼湿地帯は利根川河口を銚子方面へ移動させ、原野台地へは灌漑用水や野火止用水等、家康による一大治水事業が功を奏し、居住可能地域として開発され百万都市へ変貌していく。

当時(中世)の生活必需品の内、治水事業から水利は確保出来た。次に、食事や摂暖手段と云う事になるのだが、燃料となるモノ(薪や炭)の手配必須であるにも拘らず、ソノ資材は植林しなければならなかった。

何故ならば、当時武蔵野自然林は燃料不向きな常緑広葉樹(シイやカシ)が主である為、短期成育と可燃性併せ持ち、且つ農作業用(堆肥や腐葉土)の多目的人工植林、開墾する必要性急務だったのである。
したがって、燃料利便の上15~20年で萌芽更新し、堆肥にも最適な落葉広葉樹クヌギやコナラを「 人工林 」として、武蔵野原野一帯へ植樹していった。

その植樹林帯が、現在関東平野全域へスプロール状に点在する、辛うじて残されている希少価値の自然?ザツボクリン、「 そうではない人工叢林 」武蔵野雑木林の事なのだ。

              Thicket of`MUSASHINO`mood.
       1.Thicket01smb.jpg
       2.Thicket02smb.jpg
       3.Thicket03sm.jpg
       4.Thicket04sm.jpg

         1.下刈りされた雑木林
         2.下刈り及び間引された雑木林
         3.下刈りされず照葉樹に駆逐され原生化した雑木林
         4.間引・枝落しされた国策有用人工林(杉・檜)


また有用人工林とは、国有・民有林問わず奥多摩や秩父地方等に、国策で計画植樹された建材価値在る人工林(高価な杉や檜)と云う意味であり、現在では樹齢注1/ 50年モノへ成長している。

そして、下刈り・枝落し・間引等人手間入れない有用人工林や雑木林は、優先種(シイやカシ)の常緑広葉樹に駆逐され、クマザサ等下草繁茂しつつ原生林化進行し、日照が遮られ落葉も萌芽もない為、落葉広葉樹(クヌギやコナラ)等はやがて朽ち果て、長い年月経過と共にだが注2/ 極相林へと遷移してしまう。

こうなってしまうと、地中孵化必要な昆虫類等は育まれず、昆虫餌とする鳥類や哺乳類等への影響重大で、小さな食物連鎖不能から大きな環境問題へと、発展する可能性無きにしも非ずなのだ。

したがって、優先種原生林化遮断する為には人工手間必須であり、日夜急傾斜の有用人工林へ入山し作業行う方々重労働思えば、昨今問題視されているスギ花粉症元凶の有用人工林、木造家屋居住する我々日本人においては、安易な非難など慎み、自然林・人工林問わず根本的対策講じる必要性求められている。

今こそ、自然遷移と共生して来た先人達知恵を、現代的に咀嚼させて頂きながら研究開発しなければならない時期、迎えつつ在るのではないだろうか?




注1/ 戦後住宅復興需要の為、それまでの有用人工林を使い果たしてしまい、既存するのは殆んど昭和30年代植林された、80年程で成育する針葉樹(杉・檜等)も現在50歳を迎えている。

注2/ 植物群落の時間的な変化は遷移、人手を加えない限りこれ以上変化しない姿を「 極相林:キョクソウリン 」と云い、関東地方ではシラカシ林へ充る。

※ 掲載写真は近隣で撮影した為、神奈川県内である旨ご了承の上参照下さい。

22:02 : 景  観トラックバック(0)  コメント(0)

花鳥戯児は訪春兆しかな

Blossoms has sign of Spring.






      camelliakids_00b.jpg
                    紅艶 / 2010 Feb.











      plum_white01sm.jpg
                    白匂 / 2010 Feb.









11:18 : 写  真トラックバック(0)  コメント(6)

デッサン・ド・ムジィーク / ヴェヌッペリ!

Dessin de musique | Venupelli !

イタリアの西部劇映画を総じて、マカロニ・ウェスタン称した時代が在る。

その作品タイトルへ付帯した代名詞、「~ジャンゴ 」或いは「 ギター ~ 渡り鳥 」は、邦画別作品タイトルにおいても使用され、双方シリーズ共大ヒット娯楽映画だった事、お若い方々ご存じないかも知れない。
主人公キャスティングは、前者が修行時代のハリウッド俳優クリント・イーストウッド氏 | Clint Eastwood、後者は旧日活撮影所の大スター小林 旭氏であった。

上記映画タイトルのキーワード『 ジャンゴ / ギター/ 渡り鳥 』、往年のジャズ・ファンならば大変よくご存知であろう、実はベルギー出身の或るジプシー・ジャズミュージシャン形容する代名詞なのだ。

1934年(昭和9)花の都パリにて、弦楽器のみ五人で結成されたジャズ・コンボ、注1/フランス・ホットクラブ五重奏団(QHCF)、そのリード・ギタリストは今や伝説の人ジャンゴ・ラインハルト氏(故人)| Django Reinhardt、冒頭「 代名詞 」はラインハルト氏キャラクター表現したものだったのである。

そして、QHCF にはジャンゴと双璧称された弦楽器奏者が参加している、今件主役の一人ステファン・グラッペリ氏 | Stephane Grappelli、バイオリニスト。

敢えて、職種表記へジャズ付けずカテゴライズさせて頂いたのは、氏の創造される音匂はジャズに留まらず、クラシック、ロック、ポップス、シャンソン等既成フレーム超越しつつ、弦楽のボゥイング特性も在るのだろうが、震えるような音色と、哀愁帯びていながらハートウォームで優しく、心へ沁み入る音楽性併せ持つからだ。

また、デビュー当初はガリア風(仏)スペリングの「 Grappelly 」表記していたのだが、デッカ・レコードや司会者等の、英国風発音「 グラッペライ 」補正面倒になったのだろうか、`69年発音し易い「 Grappelli 」へ戻した。(下記アルバム参照)

共演したプレーヤーもジャズ界だけではなく、ピンク・フロイドやヨーヨー・マァ氏等クラシック著名演奏家含め、様々なジャンル・ミュージシャンとの名演録音され残っている為、現在でも聴取ではなく「 沁み入る体感!」可能である。


      qhcf56_00sm.jpg      Venupelli_Blues1969sm.jpg
     QHCF / Souvenirs`38-46      Venupelli Blues`69


表題『 ヴェヌッペリ 』について説明する必要もあるだろう。実は、もう一人の名前をジョイントした造語なのだ、氏より多少年長のイタリア系米国人ジャズ・バイオリニスト、ジョー・ヴェヌーティ氏 | Joe Venuti の事。(最下段参照)

つまり、『 ヴェヌーティ + グラッペリ = ヴェヌッペリ | Venupelli 』と云う訳。
名人フィドラー達がこのニックネームで、上記アルバム『 ヴェヌッペリ・ブルース 』を1969年(昭和44)パリで録音している。
その演奏内容については、まるで新大陸と欧州の誇りを賭けた様な、火花散る相互インタープレイ味わえるが、二人の類い稀な力量と高質なテンションから発信された、極上の醍醐味感じ取れるのではないだろうか?


      
ところで、ジャズ楽器としてのバイオリン、余りお馴染みでない方々いらっしゃるかも知れないが、この歴史在る楽器は様々な分野通じ結構活躍して来た。ローマ時代、弓弦楽器フィディクーラ | Fidicura が、南方へはヴィオル| Viola として伝わり、北方はフィドル | Fiddle と名称変化し伝来されていった。

したがって英国へはフィドル呼称が伝わり、ダンス伴奏や居酒屋(Pub)等庶民的な場所で活躍するが、後に米国移民したアイルランド系西部開拓団の、毎夜キャンプ・ファイヤー伴奏楽器として活用された為に、現在C&W(ブルーグラス)においてもフィドル呼称変わらず用いられ、演奏上重要なパートを占めている。

そして仏国や伊国等の南方へは、ヴィオルからビオラやバイオリンへと変称し、弦楽四重奏など室内楽から管弦楽(オーケストラ)まで、古典(クラシック)音源演奏へ重用されていった旨、周知の如くである。

彼等以降のジャズ・バイオリニスト挙げれば、`70年代マハビシュヌ・オーケストラで活躍したジェリー・グッドマン氏、グラッペリ氏の影響を色濃く感じるジャン・リュック・ポンティ氏、ジャンゴ御子息バビック・ラインハルト氏が在籍する、新フランス・ホットクラブ五重奏団のディディエ・ロックウッド氏等々、枚挙に暇がない。

最近でも、ハンガリー・ジプシー音楽(クラシック)のロビィ・ラカトシュ氏が、トリビュート創作した楽曲「 ミスター・グラッペリ 」、レコーディングしている。



さて以下は、仏国の世紀末的(デカダンス)雰囲気想定し、注2/ ベルエポックなムーラン街界隈イメージと、当時は退廃的とされたフレンチ・カンカン踊り子背景に演奏する名人フィドラー達を、「 不思議の国のアリス | Alice in Wonderland 」風メタモルフォーゼさせ、タイトル『 ヴェヌッペリ・ブルース | Venupelli Blues 』として、トリビュート・スケッチしたもの。




      venupelliblues_01sm.jpg
                  `Venupelli Blues`
            Violinist :Stephane Grappelli / Mr,
                   :Joe Venuti / Mr,


本名 :ステファン・グラッペリ氏 | Stéphane Grappelli.
イタリア人(父)とフランス人(母)両親の元、パリ市生まれのフランス人。バイオリニストだけに留まらず、ピアノ、アコーディオン、サックス等多彩な才能発揮し、特筆すべきはピアノ・ソロアルバム、`My Other Love`をリリースした事だ。
来日も、1989年`90年`92年`95年と円熟期の演奏ご披露されているが、4回目のご訪問から2年後、次世代へ「 偉大な遺産 」残し惜しまれつつパリで天召された、`97年12月1日享年89才。

本名 :ジョゼッペ・ジョー・ヴェヌーティ氏 | Giuseppe`Joe`Venuti.
出生記録が、1894年ミラノ市近郊レッコ町、1904年米国東海岸、或いは伊系両親の米国移民船内・・等々と、諸説存在しており確定出来ない、しかしながら幼少時フィラデルフィアへ足跡残し、幼馴染みとのバンド経歴が残されている。
また、戦前は自前オーケストラで活動、戦後ソロとしてラジオやテレビ、欧米各地のジャズ祭やレコーディング等活躍されていたが、`70年中頃ズート・シムス共演最後に、シアトルで他界`78年8月14日、享年?74~84歳。



注1/ Quintette of the Hot Club of France :QHCF.(not Quintet)
1931年(昭和6)パリのカフェ「 南十字星 」で、時代超越する優れたギタリストとバイオリニストが出会い、1934年結成されたジャズ弦楽五重奏団。

注2/ ベルエポック | Belle poque. フランス二十世紀初頭、平和で豊かな芸術が栄えた時代をさし、古き良き時代の事。

※ 暮々も申し上げておきます、ミュージシャンが他のイメージだと云う訳ではない
  ので、ご理解下さる様お願い致します。

09:47 : デッサン・ド・ムジィークトラックバック(0)  コメント(4)

デッサン・ド・ムジィーク / マハビシュヌ!

Dessin de musique | Mahavishnu !

英国音楽シーンにおいて、リバプール・サウンズやマージービート全盛期で在りながら、バンド主役が「 即興上手なギター弾き!」へ移りつつある頃、ジャズ&ブルース系音楽では「 玄人好み 」のグループが存在していた、オルガニスト中心とするグラハム・ボンド・カルテットである。

ジャジーな要素強いこのブルースバンドの出身者達が、後に参加した3ユニットで音楽史の座標軸へ輝かしい名を刻んだ為、グラハム・ボンド氏は歴史上名を残す事になる、しかし彼自信は`74年弱冠37歳の人生を閉じてしまう。

           1963 / Graham Bond Quartet.
             Organ&Vo :Graham Bond.
              Bass&Vo :Jack Bruce.
                Drums :Ginger Baker.
                Guitar :John Mclaughlin.

           1964 / Graham Bond Organisation.
             Organ&Vo :Graham Bond.
              Bass&Vo :Jack Bruce.
                Drums :Ginger Baker.
             Tenor sax :Dick Heckstall-Smith.

`67年になるとリズム・セクション二人が脱退、既にスターのブルースブレイカーズ在籍する E.クラプトン氏加え、人気実力共に備わる英国内楽器投票 No.1 トリオ『 クリーム | Cream 』結成、「 ホワイト・ルーム 」や「 サンシャイン~ラブ 」等不朽の名作生み出し、緊張感溢れるライブ演奏は今や伝説。

そして G.ベイカー氏後任ドラムスには、ジョン・ハイズマン氏 | Jon Hiseman を迎え入れたのだが、彼もまた`68年には次プロジェクトへサックス奏者ディック・ヘクストール・スミス氏共に脱退し、ブラスロック史のパイオニア・ユニット、『 コロシアム | Colosseum 』を`69年デビューさせる。



さて、「 輝かしい名を刻んだ!」最終ユニット主役は、その頃・・・?
米国ジャズシーンへ活躍の場求め、`69年トニー・ウィリアムス(dr)&ライフタイムに続き、同年マイルス・ディビス・クィンテット在席しつつ、ジャズ界へ地殻変動もたらす歴史的録音(`69)へ参加している、翌`70年リリースされた名盤「 ビッチズ・ブリュ| Bitches Brew 」である。

当代二人の天才から招聘されたのだから、満を持した才気尋常ではない旨お判り頂けるだろう、第一期 G.ボンド・カルテットへ参加していたギタリスト、主役の名はジョン・マクローリン氏 | John Mclaughlin、後の『 マハビシュヌ 』である。

彼は既成概念打破する為に、更なる自由で斬新なサウンド模索中、インド音楽へ傾倒し始めシュリ・チンモイ導師の元へ弟子入り、その後ヒンドゥー教徒への改宗時マハビシュヌを授けられた、同門兄弟弟子にはカルロス・サンタナ氏も居る。

こうして、後年フュージョン系ジャズ発展へ多大な貢献をし、先駆的役割担った何れ劣らぬテクニック自慢の精鋭、ジャズロック&インド系音楽ユニット『 マハビシュヌ・オーケストラ 』は`71年誕生したのである。

この究極テクニシャン集団、`76年解散するまでメンバー異動多少在るものの、斬新な音楽的アイデアと優れた音楽性保ち、高質な作品リリースして来ている、下記は当時 1st & 2nd アルバム。(注/`84年再編)

            1971 | Mahavishnu Orchestra.
               Guitar :John McLaughlin.
            Keyboards :Jan Hammer.
                Violin :Jerry Goodman.
            Bass Gitar :Rick Laird.
               Drums :Billy Cobham.

      mahavishnu_innermountainflame-sm01.jpg       mahavishnu_birdsoffire-sm02.jpg
  The Inner Mounting Flame`71       Birds of Fire`72
        `内に秘めた炎`               `火の鳥`

`80年代へ入り、パコ・デ・ルシア氏&アル・ディメオラ氏と技巧派ギタートリオ編成、スペイン音調取り入れた情感をクラシカルに表現し、来日の際は張り詰めたテンションで荘厳なステージ披露してくれた。後期へ入ると、ガットギターとシンセサイザー同調させるイノベーション(創造的破壊)開発するなど、ファンはサウンド進化へ戸惑う暇がない程だった。

その後も、ジャズは当然ながらブルース・ロック・インド・フラメンコ・クラシック等、ジャンルをボーダレスに往来し、直近でもチック・コリア氏とのプロジェクト、5ピースバンド | Five Peace Band ツアーを行い、`09年2月来日するなど音楽シーンを圧倒し続けている。


ところで、`04年と`07年クラプトン氏主催する、ギターフェスティバル参加していた氏視聴した際、過去面影少なからず残しており、白髪意外なるも意気盛んな速弾き御健在だった、また奇怪スケールと揶揄された変則アルペジオも影潜め、成熟し且つラジカルな燻し銀演奏惚れ直した。

氏の現在印象と、過去進化して来た経緯を脳内シナジーからスクランブルし、注1/ ヒンドゥー教ガネーシャ神へ化身させ描いたエスキース、マハビシュヌ&マクローリン重複キャラクター『 マハローリン | Mahalaughlin 』、下記へ掲載する。


       mahavishnu_jm00sm.jpg
          Guitarist:Mahavishnu John Mclaughlin / Mr,
          Guitar:Godin`Freeway SA`(Synth Access)
               :Rex Bogue`Double Rainbow`


氏の楽器について、
マハビシュヌ・オーケストラ当初から、J.ペイジ氏お馴染みギブソン社ダブルネック仕様 EDS-1275・12/6弦、`73年まで使用していた、その後レックス・ボーグ氏 | Rexford Bogue 手工生産品、`ダブル・レインボウ`へ持ち替えている、恐らく次なる主題模索し音楽的方向変化した事が、影響したのだろうと推察する。

この一品生産ギターは同じダブルネックでも仕様が異なり、6/6弦下段はギブソン同様スティール弦張っているものの、上段はクラシックやフラメンコ仕様で制作されガット弦が張られている。
また22フレットの黒檀指板には、`Trees of Life`称する美しい真珠製唐草模様がインレイされ、メイプル・ボディやローズウッド・ネックへは、如何にもインド風味な装飾も施してある。

そして、残念ながらダブル・レインボウは`75年落下させ破損、修理不可能だったからか現存しない。写真はロバート・デュラム氏 | Robert Dullam 制作したレプリカだ、しかも盗まれ表社会には存在していない、盗難直後欧州の何処かへ転売されたと云う、噂だけが伝わってきている。(下記左側参照)

また現在の使用楽器は、カナダ人ロバート・ゴダン氏 | Robert Godin 開発するゴダン製、新発想コンセプト実現した独創的な新世代モデルで、`フリーウェイSA`シンセ・アクセス機能付を愛用している。(スケッチ参照)

下記右側写真は、比較する意味で並列させた`Ibanez社12/6 弦ダブルネック`仕様、レプリカ`ダブル・レインボウ`と参照すればソノ違い一目瞭然であろう。


      rexbogue_doublerainbow01smb.jpg        ibanez2670_02sm.jpg
   Rex Bogue`Double Rainbow`       Ibanez 2670 RE
           Replica


本名:ジョン・マクローリン氏 | John McLaughlin.
1942年イングランド・ヨークシャー州出身英国人、ギタリスト、作曲家。マクラフリン記載も在るがサウンド微妙で、聴音へ近いマクローリンに統一した。


注1/ Ganesha :ヒンドゥー教において広く礼拝され、障害除去し成功に導く神でありながら、病苦解放する医術や商売繁盛、学問・文化・芸術・技芸等の智慧もたらし、あらゆる事象司る万能神。その容姿は、太鼓腹したヒト身体に片方牙が折れた象頭、そして腕を4本持っている。

※ 暮々も申し上げておきます、ミュージシャンが他のイメージだと云う訳ではない
  ので、ご理解下さる様お願い致します。
※ 楽器掲載写真は、カタログより引用させて頂いた。

12:20 : デッサン・ド・ムジィークトラックバック(0)  コメント(0)