スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- : スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)

気儘にミッレ / ポタリング

Mille km | Pottering 20100516

気の向くままウィークエンド跨乗する一石三鳥バイク!(当ポタ初回参照)。

そして走る楽しみプラスする意味から、ハンドルへデジタル・メーター取り付けたのが、丁度一年程前の事である。それ以降、毎走行時トリップ&カロリーは計測する様にしているのだが、先週末何気に積算距離チェックすれば、1.000km をオーバースルーしているではないか。

只の通過点と云えども、奇麗に揃った数字と云うのは気持ち良いものだ、偶然チェックしたのだから悔やんでも仕方がないとは云え、残念な事をしてしまった。数字マジックでは在るものの「 ミッレ」気付いていたならば、間違いなく推し測り走行しつつ、ゾロメ揃った場所で保存用撮影していただろう。

ところで、東京中心に半径1000km をコンパスしてみれば、北は北海道の北端域へ、南は種子島周辺海域、東は小笠原諸島辺りまで到達する、つまり日本縦断距離を約2000km とすれば、既に(未だ!?)我が国半分程の距離走破した事へ相当し、望外でも在り少なからず認識改められ、新鮮な驚きだった。

時節は梅雨直前、今年の5月寒気団居座り降雨多かった為か、休耕していた各稲作田も漸く「 注1/田起こし(耕起) 」作業が済みつつ、近日中には皆田引水され田植え農繁期へと移りゆく、毎年の田園風景がいつもの様に始まる。

そして、帰路たまたま通りがかった住宅街路肩、可憐で小さい花名不明な百花繚乱へ遭遇した際、手前勝手な都合から閃めき生じ、「 千花繚乱?」へ準えて記念撮影したが、毎週末積み重ねる気儘なポタリング、有難味殆んど感じない。

しかしながら、いつもの事をいつもの様に出来る健康体への感謝、積算距離計&耕起から再認識させられたのは、馬齢重ねて来たせいかも知れない・・・?


                 田起こし & 千花繚乱!?
        mille02sma.jpg
        mille01sm.jpg
        mille03sma.jpg mille05sm.jpg mille04smb.jpg
      Anniversary / 1000km          Trip / 13.54km


さて、いつもの如く!?空耳アワーからは『 500マイルも離れて』だった、メートル換算すると 800km なんだが問題ないだろう!?

キングストン・トリオやジョーン・バエズ氏、そしてエルビス・プレスリー氏や忌野清志郎氏など、洋の東西問わず多くのアーティストが手掛けているものの、聴こえて来た楽曲は、1962年リリースされたピーター・ポール&マリー| P.P.M のメロディだった、'60年代初~中期頃、第1次フォークブーム大活躍した男/2 ・女/1の、以下モダンフォーク・トリオである。

     ■ ピーター・ヤーロゥ | Peter Yarrow/Mr,
     ■ ノエル・ポール・ストゥーキー| Noel Paul Stookey/Mr,
     ■ マリー・トラヴァース | Mary Travers/miss

原曲は女性シンガーソング・ライター、ヘディ・ウェスト氏 | Hedy West の'61年アルバムにクレジットされた、米国トラディショナル・ソング、作詞は彼女自身。

詞内容だが、19世紀末から20世紀初頭のアメリカ不況時代、ホーボゥ| Hobo と呼称され働きながら渡り歩く労働者(放浪者)を歌ったもので、彼らは貨物列車などへ無賃乗車し各地を転々と動きつつも、収入面に恵まれない為、故郷出たのち二度と戻れない事多かった、それでもこの様な自由生活楽しむ人々も居たようだ。

悲観的内容にも拘らず、望郷の念や家族懐かしむ情愛が垣間見え、お二方演奏とマリーさんのユニゾン・ハーモニー相俟って、楽曲からは暗く寂しい怨節としてではなく、故郷愛おしむ歌へ思えてくる次第、彼等力量由縁だろうか?

その後においては、現在男性方ご健勝である、しかし紅一点マリーさん白血病発症した後、骨髄移植手術は成功し病に打ち勝ったものの、残念ながら化学療法合併症により、昨年9月16日コネチカット州立病院で御他界された、享年72歳。



注1/ 引水植苗する前に、乾田の土を掘り起こし表土と下層を混ぜ返し、古稲株を土中へ鋤き込んでゆく作業、それにより冬期活動停止していた土が活性化する。

スポンサーサイト
12:01 : ポタリング:自転車トラックバック(0)  コメント(2)

モールズ・モノローグ / 13

Mall`s monologue | モールの独り言

Information Design :サイン計画
外来語としての「 サイン 」とは、広義に目印・記号・標識・合図・看板など意味するのだが、今編では一定環境における情報伝達デザインへ絞り込み、大規模商業施設内や建築及び外構関係の、サイン計画をリポートしよう。

近年開設される商業施設は、専門店モールやカテゴリーキラー等との複合化が進行し、軒並み大型化・長大化しつつ在る、訪問時「 現在位置 」確認で総合案内サインをチェックされた方々、少なからずいらっしゃるのではないだろうか?

「 案内・告知・誘導 」司るサイン計画は大変重要で在るのだが、来場客へ安全且つ過不足なく情報伝達する為には、全体環境計画(内外装)のデザイン品質を保ちつつ、筐体意匠や文字バランスや字間調整など、地道で手間の掛かるアナログプロセス要し、以前は写植業者との根気&調整に明け暮れる状況でも在った。

ところが近代へ入り、コンピューター普及からソノ煩雑さが格段に変化し、デザイナー・スキル大幅にヴァージョン・アップしただけではなく、よりデザインへ集中出来る作業環境の改善がなされたと言えよう。

とは云え一般的な業務過程では、デザイン以前に処理されなければならない事務的作業多いのも実情だ、まず情報伝達必要とされる全てのアイテムと内容をリストアップし、それらを効率告知する意味から(センスと共に)統合的整理した上で、デザイン性を加味してゆくのである。

今少し詳細申し上げさせて頂ければ、統括的及び体系的に整理された各サイン筐体の、材料・形態・色調・設置方法・安全性等ガイドラインとして標準化した後、表示内容及びグラフィック・デザインへ進行する事が望ましい。

サイン計画は、初動業務において『 標準化システム 』作成する旨肝要で在り、重要且つ欠かせないデザイン作業でもある、過去経験値から数学的確信を持って断定したい。因みに業界用語では、「 ルールブック 」又は「 仕様マニュアル 」と称されているものだ。


      exterior_s01sm.jpg exterior_s02sma.jpg 1
          exterior_s03sm.jpg 2
          guide_s01sm.jpg 3
          guide_s02sm.jpg 4
          guide_s03sm.jpg 5
          corner_s02sm.jpg 6

              1/ 六本木東京ミッドタウン :識別系
              2/ 汐留シオサイト :説明系
              3/ ららぽーと横浜 :空間系
              4/ ラゾーナ川崎プラザ :空間系
              5/ 台場デックス東京ビーチ :識別系
              6/ ららぽーと横浜 :識別系


以上述べてきたサイン計画以外にも、敢えて文字情報を使わず、シンプルな記号へデザイン化する「 ピクトグラフ | Pictograph 」と云う、単純明快な伝達方式も存在する。

この方法は、欧州などの多言語地域や未開地域の高文盲率補助する為、中世より発達したと云われており、欧州旅行のご経験在る方は、観て判り雰囲気醸し出す面白い「 看板 」へ、遭遇された体験お持ちなのではないだろうか?

我が国のピクトグラフ、基本的に単一言語且つ低文盲率だった状況から未発達ではあるものの、戦後グラフィックデザイン界において見直され、近年では公共施設や商業施設含め、「 誘導サイン 」等へ不可欠な要素となっており、「 絵文字 」として活躍する頻度や機会も、大変多くなって来ている。

そして、老若男女問わず理解出来ると云うだけではなく、視覚的興味惹くよう面白い工夫も必須とされる、特にグラフィック・デザインの品質影響受け易い伝達方式でもある為、デザイナーとしての責務は比較的重く、タフな精神性要求される業務かも知れない。

また便宜上サイン種別を下記カテゴリーへ分類した。
 ・空間系 :平面配置やフロアー別等、施設全体をビジュアル表現したもの。
 ・識別系 :施設名や店舗名、場所やコーナー、部屋名等も含む所謂サイン。
 ・方向系 :誘導サインとも呼称し、記号化(ピクトグラフ)された行先案内標識。
 ・説明系 :種々の告知を文字伝達する、張り紙等もこの部類へ入る。
 ・管理系 :禁止や注意喚起等を促す標示、法的義務付けされるものも多い。

           7                     8
  pictograph_s01sm.jpg pictograph_s02sm.jpg pictograph_s03sm.jpg
         
           7/ イオンモール日の出 :方向系
           8/ アーバンドックららぽーと豊洲 :識別&管理系
           


12:51 : 商業施設トラックバック(0)  コメント(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。