スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- : スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)

ゆらめく燭光に静穏を視た

Candle power to serenity.

  lamp000bb_sm.jpg 

原発被災後東京電力エリア各地域へ、電力バランス悪化理由に刹那的で不平等な計画停電実施するも、商益や生産体制に決定的打撃与えた結果、国益反する故か?政府方針踏まえ、今後は打切り「 原則として実施しない 」旨、4月8日付東電発表が在った。

当地域にも、震災直後「 計画停電 」要請が及び、電力供給側の独断ローテーションへ組込まれた上、早朝・日中・夜間の選択余地なく強いられる事に相成った、しかしながら地震・津波・原発と云う未曾有の被災体験する地域方々思えば・・・・・・と、多くの人々が国難へ協力する旨、当然視されていたのではないだろうか。

とは云え、復興へ向けての計画的現地事業再起、或いは他地域の産業や経済発展も不可欠である。また、現代業務において未通電と云う事態は、大変致命的な状況招き兼ねない事、認識すべきだったように思う。

当然ながら、計画停電余波は我が業界へも及び、ファクスやコピー等の事務機器、パソコン関連機器など使用不能等々、開店休業状態打開する理由で、通電地域へ臨時移転するオフィスも出始めたり、工事現場や製作工場でも電動工具類や工作機械が全く扱えず、工事日程遅延から完工日延期という事態生じ、契約問題へ発展など聞き及ぶ。

当地域停電は、日毎各4時間づつ1回或いは2回、数日間役回りが在った。上記以外に暖房や照明へも影響及び、エアコンと注1/石油ストーブ等も同事態余儀なくされ、日中室内においても重ね着するより外無く、懐かしき昭和!?呼び起こされたりもした。

そして、僅か3晩だったが夜間停電を担当!?させて頂いた際、平時不自由なく享受する光束を寒気と共に奪われるのは、侘びしく哀しい情感味わったものの、国難ゆえ許忍せざるを得なく早晩床に就いたものである。

そのような状況下照明代役担ってくれたのは、シンプルな意匠且つコンパクト収納可能な、キャンプ用ランプ2灯とLED製懐中電灯、それら活用し日没以降を過ごす事になるのだが、街中スーパーの乾電池超絶!不足も災いし、概ねランプ(蝋燭)頼り暗夜のナイトライフ覚悟していた・・・・・・・。

ところが、スイッチ押せば一瞬で照度得られる照明器具とは違い、瞳孔が徐々に宵闇へ慣れつつ見遣る環境では、意外にも灯量未足感など存在せず、趣き交錯する夜陰灯火が微妙にゆらめき、煙る水墨画如き濃淡光輪へ包まれた燭光生活は、思いの外風雅な滋味に富み、ポジティヴな静穏さへ迎えられるのだった。


         lamp000sm.jpg A       lamp001a_sm.jpg B


業界専門用語で大変恐縮ながら、設計時照明配置する際、全体バランス確認で照度計算をするのだが、使用単位`ルクス | lux`用いる旨、業界人ならば周知の事。

それでは、「 光度 」単位は?となると一般的でない為、業界人と云えども御存じ無い方も少なからずおいでだろう。実は光明の心理的物理量(人間が観測する量)を云い表わし、一般に自転車灯明や自動車ヘッドライト、灯台光明の単位などで用いられる国際単位で、`カンデラ | candela`表示する。(略:cd)

因みに、普通自動車の光度を参考数値として挙げておく、2灯式ヘッドライトの1灯に付き、概ね`15,000/cd`以上必要と規定されているようだ。

語源はラテン語に由来し、カンテーラやキャンドルと同一。1光度(cd:カンデラ)は、ほぼ1燭光(1.0067cd)と同意、つまり特定規格の蝋燭1本の明るさを基準として決定された単位なのだ、したがって計画停電時の我家では、部屋単位2cdの光度利用していたことになるが、照度(lx:ルクス)計測すれば結構低数値のハズだ、しかし述べて来た様に特段ネガティヴな印象を、私は持たなかったのである。

冒頭反省から、今後注2/再生可能エネルギーへの転換論議、益々盛り上がるであろう。空間デザインへ携わる我々の照明計画も、今件不便さから「 明るさ 」再学習し、効率優先の平均的照度基準にするのではなく、節電にも通じる「 瞳孔反射 」利用した心理的物理量、『 光度 』を意識してゆく必要在るのかも知れない?



注1/ 東京都消費生活センターでは、石油ストーブを便宜上「 開放式と密閉式 」へ大別し、開放式においては電動ファン付機種を「 強制通気型開放式石油ストーブ 」、電源不要の反射鏡付機種は「 自然通気型開放式石油ストーブ」と棲み分けている、此れに対し密閉式とは、煙突等介し外部空気給排機能付の機種を云う。

注2/ 枯渇性燃料が持つ有限性対策、地球温暖化の緩和策など、新たな利点有するエネルギー源普及政策が活発化している、事例として太陽光や太陽熱・地熱・風力・水力・潮力・波力・バイオマス等。(New renewable energy | Green power)

スポンサーサイト
22:50 : デザイントラックバック(0)  コメント(0)

白夏を通り抜けて / ポタリング

In thro' the Whitesummer | Pottering.

  w-summer_00sm.jpg

関東地方では此の時期、温湿度とも素肌へ心地良く、大気は清涼感と共に清々しい花々香りへ包まれ、鬱陶しい梅雨前でもある為だろうか?晴々しさは倍加するようである。

五月晴れに誘われ「 いつもの如く 」跨上するポタリングは、優しく軟らかいブリーズ生むに等しく、微風と戯れるペダル踏み散歩なのだ、穏やかにそよ吹く風不満とあらば、自ら大腿部駆動させ『 風起こせば 』良い!
織田信長の、「 鳴かずんば・・・・・・」如き我儘な誘惑を起こさせるのも、防寒ウェア着用するとは云え、保湿無縁の真冬北風へ、数ヶ月間抗って来たからだろうか?

冒頭は、毎度の初夏ライフ・スタイルなんだが、3月出来事以降安直にファン・ツーリングと云う訳にもいかず、「 いつもの事をいつもの如く 」出来ない精神的モドカシサへ常時支配され、少なからず業務都合も影響してるんだが、年初以来「 時速20km 」のツアー控える現実も在ったのだ。

しかし、爽快感在る内にと梅雨前線前触れ感じながらも、気分転換するべく常より多目に準備運動済ませ、久方ぶりの近隣ポタリングへ出掛ける事にした。

普段は、終日トリップする遠乗りツーリング以外に、約15km程のトレーニング・コースも独自とは云え設定在る、だが本日は街中景観や季節変化等の観察含め、ノンビリペダルでカロリー消費するべく、幹線道路から市街地へハンドルをきり、街路流れにギア比落としながら、逆走するママチャリや歩行者・信号等へも注意払いつつ、入ってゆく。

現在地へ転居後六年程経過しているのだが、心模様変化すれば視野へも影響するのだろうか?、時折走行する欅並木の木漏れ陽アーチを通過した際、車止用石柱に慎ましく据付けられた小さな像存在へ気付き、大腿筋弛緩させつつ徐行チェックすると、ブロンズ彫刻された実物大栗鼠(リス)がチョコンと鎮座しているではないか!

過去数回通過していたものの、今まで全く気付かなかったからか、新発見した際感じるような幸福感芽生え、思わず路肩駐輪したのだった。

                  Piggybank / 20110521
          w-summer_01smb.jpg
          w-summer_02 smb
          w-summer_04 smbb w-summer_03 smb
                   Trip meter / 14.64km


デジカメしつつ立地環境チェックすれば、路面周辺へは幼稚園と児童運動場、そして小学校を両側へ備えた注1/パサージュだったのである。

極小彫刻設置理由は、其の様なロケーションからだろうが、殆どの街中彫刻がシンボリックに定礎される中、注意怠れば見逃し兼ねないブロンズ像、楚々とした佇まいと余りに奥ゆかしい姿、視野モードチェンジで観得た、貯金箱(Piggybank)ショット頂く!

私の心模様変化させた由、想起すれば思い充たる節が・・・・・・・。
過日、建築家の安藤忠雄氏を実行委員長に、『 桃・柿育英会 』なる震災支援組織発足のニュース配信が在った。氏インタビューで設立主旨も拝聴させて頂き、呼び掛けへ応じられた発起人は、著名指揮者やノーベル賞学者、著名企業経営者他9名も賛同する、「 震災遺児成長を末永く見守る 」育英資金のようだ。(18日付TBSニュース)

また、存じ上げなく大変恐縮だったのだが、聞き及ぶ処では阪神大震災の折にも、氏に於いて同名育英資金を募り、現在進行中の実績と成果挙げ『 風起こし 』されている。

尚、ホームページ等製作中との事、追って明確になるものの詳細情報は現在入手不能でもある。しかしながら、勤務経歴中「 子供関連事業 」へ長期在籍経緯持つ当方にとって、震災以降多くの方々からの暖かい支援在る中、子供達(遺児或いは孤児)へ向けた大変興味深い注2/エイド、白夏の木漏れ陽と共に`足長貯金箱`へ出遭った。

                 
                  
注1/ Passages :仏語で「 通過や小径 」の事だが、転じて19世紀以降欧州各地で建設された、ガラス天蓋付の歩行者専用商店街(アーケードやモール)も意味する。

注2/ エイド | Aid :助手・助力者または助力、補佐・援助・救援。募金等の目的で興行されるコンサートや催し物等も含む。

18:19 : ポタリング:自転車トラックバック(0)  コメント(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。