スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- : スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)

クロッキー・ド・モード / ルーズ・リュックサック

Croquis de mode | Loosefit packs.

常日頃垣間見る風情や趣きなど感じつつ、利き腕をストロークさせ観察クロッキーした歳時記から、リポートを久方ぶりに掲載してみたい。

以前トピックしたルーズソックスは、既に其の姿殆ど見かけなく、懐かしさファイルからフェイドアウト気味。しかしながら、ルーズ・スコープ!?注意深く覗いて見れば、興味惹かれる最近現象面へ気付かせられる。
アキバ系やストリート系ファッションとして象徴の様な『 リュックサック 』、最近では街中お馴染み風物であるが、スマホをチェックしながら歩く女学生リュック姿・・・・・、想い巡らせばルーズソックスと同種感覚の若者風習なのではないだろうか?

作業効率上極めて非合理な彼等の『 リュック低位置 』、ささやかな抵抗?或いはファッションなのか?其の存在意義は別にして、若年世代特有の精神的発露とすれば、ご年配諸氏も気にならなくなるかも知れない?

若き日憶え在る方々もいらっしゃると思う、合理性や規範や秩序優先される大人社会へ対し、反発表現する意味で敢えて何かをルーズ(だらしない)にする、其れが口コミされつつ指示受け若者間でファッション化する現象、今昔問わず近似しており、参考例挙げれば、七三分け⇔ロングヘアー、スーツ&タイ⇔Tシャツ&ジーンズ、トラッドハイソックス⇔ルーズソックス、スラックス⇔ヒップホップ系腰パン(saggy)等々、過去若者達の体制批判前科?枚挙に暇ない程なのだ。

若者側からは『 ミソクソ一緒にしないでくれ!』、と云わんばかりの詭弁ロジックご容赦頂きつつ、トレンドに敏感な偏執的オヤジの勝手気儘なボヤキ、或いはツブヤキ程度に思って下されば幸いである。

さて下記掲載したクロッキー画像、背負うリュックがルーズな現代若者達の観察素描である、軽薄なモティベーションと多少大袈裟な表現はお許し頂き、形而上考察を試みてみたい。



 loose_p001.jpg
     1             2             3           4



 loose_p002.jpg
       5               6                  7

              1/ ミニスカ女学生の正統派低位置リュック!?
              2/ ミニスカ女学生スマホ歩行
              3/ 1.の変形、ブロードまたはバイアス型
              4/ 優等生或いは一般女子学生の細ヒモ型
              5/ ストリート系に細ヒモ・リュックは無い!?
              6/ 懐かしいデイパ・スタイルはルーズしない
              7/ キッズは男女共にルーズ・リュック


描き上げたスケッチ分析すると、不可思議な現象面へ気付かせられる。と云うのも、女子学生と男女児童(キッズ)の低位置リュック姿は頻度多く街中で見掛けるものの、其の種の男子学生とはあまり遭遇しないのだ。不確実な想定なんだが、リュック・ファッションの後ろ姿眺めている際感じた印象が、当たらずとも遠からず的な近似値かも知れない。

当方心象へログインして来た彼ら後景イメージ、何とも云えない『 可愛いらしさ 』へ満ち溢れており、まるでディズニー映画の七人の小人モドキ雰囲気を漂わせ、愛らしいファンシィ・ビーム発信する着ぐるみニュー・キャラクターの様だった。

故に・・・・と早合点承知の上、私なりに多少洞察力働かせつつ更に推察加えれば、オノコ・イメージから少なからず乖離する此のファッション、マイノリティのストリート&ヒップホップ系男子は除外するとして、男前なマジョリティ男子学生達からは敬遠され、さほど好まれていないようだ。

力学モーメント上極めて非効率な背負い方をする低位置リュック、体力消耗を重要視するハイカーや登山者にとっては、論外な背嚢法見向きもされないし、当然ながら一般使用者からも、実利的な否定を免れないと思う。したがって、コギャル達(女子高生)の群れ意識より発生したルーズソックスと共通する、若者特有風俗つまり未成熟であるが故の、非合理な真骨頂表現したくなるのかも知れない。

ともあれ、通学時のリュックサックは両手使える分、手提げカバンより格段便利だし安全面へも優れる為、其の意味では合理性申し分ないんだが・・・・・・・!?

蛇足ながら、一時期流行った6/デイパ・スタイル(片方掛け)も、最近は殆ど見かけなくなった、失敬承知の上で述べればファッション無縁の団塊親父達が(恐縮!)、タイムトンネルからミス・コマンドにより抜け出して来たかの如く、時折すれ違い遭遇するのみである。


スポンサーサイト
20:14 : 絵画など:  トラックバック(-)  コメント(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。