透視図法 + 鉛筆デッサン

Perspective + Pencil drawings.

我々業界用語にパース|Perspective 呼称される描画法が在る。設計図書内指定された寸法・形態・素材・色彩等理解した上で、透視図法用い二次元立体図を表現するのだが、単純にソレだけではなく、作業前重要事項としてベストアングル(構図)決定し、植栽や街並みや大気状況、或いは人々や商品などの背景を考慮に入れ、臨場感加えつつ仕上げる画家感性(絵心)も少なからず必要な、建設及び内装業界における完成予想図の事で、現在はC.G(コンピュータグラフィック)も多用される。

そして、其の描画法を専門職種として特化させ事業化している人々が業界内存在して居り、彼等を「 パーサー」或いは敬意と親近感込め「 パース屋さん 」と呼称し、空間デザインのプレゼンテーションには欠かす事出来ない、クリエイター達でもある。


さて、業界へ長く携わると多種多様な経験をするが、そんな或る時の事だ。若年期より知己在る仕事仲間から、海外(アジア)プロジェクトのデザイン企画へ参加しないか?と打診され、手持ち業務一段落していた為に快諾!した。

現地ゼネコン系不動産会社のマーケティング思惑は、可処分所得高額層(セレブ)のコンドミニウムをイメージし、住宅販売戦略上の建物品質向上を目的としており、ドメスティック・デザイナーでは、其の感性得られないと判断したのかも知れない。

提案内容は、数棟在る三階建建築のデザイン策定で、市場分析及び企画立案・CAD図面・建築外観CGパース、と全てP/C作業のプレゼンテーションが予定されていた。ところが、依頼主はプレゼン時のデジタルで堅く冷たいビジュアル雰囲気に、一抹の疑念を感じたのであろうか、多少趣向凝らす印象的な内容加えたい旨、示唆された。

そこで、抜擢なのか貧乏クジなのかは別として、白羽乃矢を立てられたのが当方で、鉛筆デッサン風味の完成予想図パース屋さん!御指名があり、本意ではないとは云え何事も経験と思い描き上げたモノが下記スケッチで、若い頃からの拙作デッサンを知悉する仲間が余計なお節介(推挙)?をしたのであろう事、推察できる。

素描前に、冒頭説明如く仕上がりイメージのチェックをシュミレートすると、天気晴朗、心地好い微風そよ吹き、亜熱帯だが低湿度の初夏空雲。植栽イメージは、南国調醸し出す多湿地域特有の中低木を意識しつつ、少なからず我が国とは景観異にする作画となるだろうと予測、またスケッチ内登場する顧客イメージは、セレブな注1/DEWKs。

勿論、当初予定されていたCGパースがメインの完成予想図であり、此のスケッチパースはあくまでも堅い印象を多少和らげる為に、補足的な資料としてプレゼンされ、後の印刷物やセールスキットなどにも使用されたようだ。



  pencil_pers01




  pencil_pers02a.jpg




  pencil_pers03



注1/ デュークス|double employed with kids : 子供の居る共稼ぎ夫婦で共に仕事を持ち、生活楽しみつつ育児も両立出来ると考え、その為に夫が家事や育児に積極参加し、育児休業・保育所等の制度・施設を巧みに利用する人々の事、DINKsに対する用語として使われる。


19:05 : 絵画など:  トラックバック(-)  コメント(0)