スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- : スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)

久しき里山の清々 / ポタリング

Dear,vicinity mountain of village | Pottering 20140519

00chi_park-ent1.jpg1

湘南地方は、マリン・スポーツや避寒リゾートとして、巷知られる場所ではある。しかしながら、都心離れた郊外とは云うものの自然は年々開発され、沿岸地域へ残る自然林はキャンプ場やゴルフ場が主な樹恵地と云う、不都合な真実を否めない。

したがって・・・・・・と云うわけでもないのだろうが、2001年(H13)より我が町北部丘陵地帯の広大な山谷へ注1/里山を引拠する、人工的だが自然恩恵そのままの山里雰囲気醸し残す県立公園の一部(≒37.000坪)が開営され始め、一期及び二期工事を経た後、漸く諸設備整い今年度中に全面開園予定(≒111.000坪)との事だ。

また、園内全域の諸設備は山野内六つの村里(ゾーン)として展開しており、各村毎にシンボル施設が建てられ、その周囲に休憩所やトイレ、レンタル自転車や駐車場などが整備され、各ゾーンは南側メイン・エントランスより北側へ、 『 山頂の村・子供の村・谷戸の村・森の村・丘の村・畑の村 』順に設えられていて、森林浴と共に散策中周囲へ眼を凝らせば、季節の花鳥風月などフィールドワークやバードウォッチングも可能だろう。


そこで、最近の麗らかな初夏日差しに誘われつつ、勾配急坂な登坂路覚悟の上でサドル跨乗し、一種の注2/ナショナル・トラスト如き山里方面遠乗りへ出掛ける事にした。

自宅から平坦路を40分程走ると、本日不可避の坂道だ。九十九折り登坂路面を、大腿筋へ自虐的!?負荷かけながら低速走行、普段多少の坂道ではロー・ギアは使わないのだが、息切れと噴き出る汗には白旗を揚げ、ギア比調整しつつ登りきると、県道47号藤沢平塚線の小出交差点へ出る。
其処を左折し、文教大学湘南キャンパス方面に向かい、暫く平坦路直進すれば『 県立茅ヶ崎里山公園 』入口交差点が見えて来るので右折、新設導入路を道沿いに数分走行すると、城塞跡のような石垣積み正面エントランスが現れる。

ところが、正面入口には数箇所際立つ看板が設置され、「 自転車&バイク置場 」の表示。地元ながら事前情報摂取せずに来た自己責任とは云え、無慈悲にも”園内自転車走行禁止”サイン、早速公園管理事務所へ向かい問合わせてみる、園内通過する数箇所公道と周囲道路、或いは降車押歩きならば良い、との優しい?お言葉。

ならばと、取り敢えず公園外周道路を回遊してみる事にした。長閑な新緑山里のポタリングに相応しい陽光シャワー浴びつつペダル踏めば、一帯には多くの谷戸(やと)が点在しており、谷戸田や畑、沢清水や雑木林などからなる、懐かしく清々しいエコロジー溢れる里山の田園風景が広がっていた。(山坂路含む外周=約9km)

11万坪ある園内探索報告については、盗難防止理由から駐輪避けた自転車押し歩きにも限界が在り、恐縮ながら山里一部周遊のみのリポートにとどめるが、伝え聞く処によれば、毎週末家族連れなどで大変賑わい、慢性的駐車場不足に悩まされる程来場者多いのだそうだ。

       01ent.jpg2
       02.jpg3
       03.jpg4
       05.jpg5
       06.jpg6
       07.jpg7
       08.jpg8
       09.jpg9
       10yato_b.jpg10
       11crossroad.jpg11
       12aa_view.jpg 12bbb_trip.jpg
               自宅往復含め本日走行距離:26.91km

                01/ 県立茅ヶ崎里山公園エントランス
                02/ エントランス右側石垣の埋込み名称
                03/ 雑木林散策路
                04/ 竹林散策路
                05/ 谷戸の村・路傍の道祖神
                06/ 分岐路と道標
                07/ 大麦畑
                08/ 畑の村・里の家周辺休憩所
                09/ 総合絵図案内
                10/ 公園裏外周の典型的谷戸
                11/ 公園裏外周の農免クロスロード

                所 在 地 :神奈川県茅ヶ崎市芹沢1030
                平成13年10月一部開園(約12.4ha)
                 平成24年度追加開園(開園面積約34.3ha)
                 平成26年度全面開園予定(36.8ha)

注1/ 里山(さとやま)は、集落及び人里に隣接した結果、ヒトの影響を受けた生態系が存在する自然の山野を云い、人と自然との共生語る上で注目を集めている。

注2/ 正式名称『 歴史的名所や自然的景勝地の為のナショナル・トラスト|National trust for places of historic interest or natural beauty 』。
自然遺産や文化遺産、歴史的建築物の保護を目的として英国で設立されたボランティアの公益団体、略してナショナル・トラスト。此の組織による保護活動が著名となった事で、同様の趣旨を持って活動する運動、或いは理念そのものをナショナル・トラストと呼称する事もある。

スポンサーサイト
01:34 : ポタリング:自転車:  トラックバック(-)  コメント(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。