花惜しむ新緑瑞々しい登坂路 / ポタリング

Flowers over in the fresh verdure uphills | Pottering 20160419

幹線道路の光る風中を駆け抜ける遠乗りも、爽快で清々しい気分味わえ程々に良いものだが、新緑瑞々しい登坂路での力漕は、この時期限りの不快感一歩手前?!如き妙な汗水感じつつ、七曲畝道を辿るのも一興に値する。

しかしながら高温多湿の我が国夏季において、里山登坂路ペダリングとなると脱水症状や熱射病などでダウンの挙句、救急搬送!覚悟のチャレンジになってしまうかも知れない?、故に「 傍迷惑を省みず・・・・」なんて無謀なサドルはするつもりもない為、初夏の兆しある梅雨直前(今頃)が、登坂路走行ベストシーズンだと思っている。

また平地走行でもウォーターボトル要携行だが、登坂路では特に水分補給が肝要となるので、予備対策として経口補水液(ゼリー状)を忘れずに装備する。併せて、山野における花鳥風月などの観賞用として双眼鏡も必需品だ。

 300club-000.jpg

ところで、日本における名門ゴルフクラブは全国点在するが、茅ケ崎市北部の丘陵地帯にもプライベートなメンバーシップ・ゴルフ場、超高級『 スリーハンドレッド・クラブ 』が昭和37年(1962年)開設し現存している。
日本の政財界一流人約300会員で組織され、資格は政治家において首相及び大臣経験者に限り、財界人では一部上場企業の50歳以上(当時は55歳定年)、他ゴルフクラブとの相場比較で入会金及び会員権は約10倍強、入会基準は殊の外破格で狭き門だが、日本駐在の外国大使においては入会金不要とされていたようである。いずれにしても、一般ゴルファーとは全く縁のない閉鎖的なゴルフクラブと考えられていた。

事業開発の主体者が東京急行(東急電鉄)衛星都市建設部とあるものの、主役は東急創業者五島慶太氏の長男であり、戦後東急中興の祖とされる五島昇氏。詳細説明は他者へ委ねるとして、此のゴルフクラブを単なる特権富裕階級の閉鎖的な高級社交サロンと考えるのは、些か正確さ欠いた誤解である事を述べつつ、今編本題である其の山野周囲を巡るワンデイ・サイクリングに出掛けよう。

さて花見頃も瞬く間に過ぎ去り、夏の香り醸造する青匂漂い始めた頃、香わしさ濃い朝露の新緑浴びる意味で、微風そよぐ湘南北部丘陵地帯の登坂路へ向け、午前中ペダルを踏み出す事にした。自宅からそれ程時間費やす事もなく、一汗程で森林に囲まれる丘陵地の起程点へ建てられた、300クラブ象徴!エンゼルフィッシュ・マーク案内サイン下へ参着、此処からは一気に急坂な登坂路が始まる。

急坂登りだすと直ぐに息が上がり、立ち漕ぎ(ダンシング)で力漕するもバイク・バランスが崩れ進行難儀、時折り黒塗り大型高級車両!(ベンツ等)通過もあるので、接触事故などの問題回避する意味で一旦降りて押し歩く事に、暫時押しチャリの道すがら路肩散りゆく花片見遣りつつ、緩傾斜坂路まで歩くと再びスタートだ。

そして漸やく駆け登った丘陵頂きに、赤く大きな切妻屋根の風格在るクラブハウスが正門奥に構えていた。門前に駐車中の車両は、殆んどが黒光りする大型高級車両(マジェスタ・レクサス&ベンツ等外車)ばかり停めてあり、自家用車両もあればハイヤーも在るようだ、何故ならば制服着用の運転手らしき者が周辺に数人屯しており、まるで江戸期伴侍の"下馬評"想起する様相を呈していたからである。

正門前の平坦路を通過すると、直ぐに緩傾斜下り坂となるものの急カーブとアップダウンが連続し、尚且つ道幅も狭まり中には急坂な下りも含まれ、目一杯ブレーキ握る必要に迫られる場面もあった。しかし徐々に坂道も終局へ向かい、木漏れ日の下通過車両へ注意払いつつ、芝生と新緑木々に囲まれたゴルフ場縦断する間道を通り抜け、あたかも森林浴さながらの周遊走行を愉しんだ。

       300club-001.jpg 0
       300club-002.jpg 1
       300club-003.jpg 2
       300club-004.jpg 3
       300club-005.jpg 4
       300club-006.jpg 5
       300club-007.jpg 6
       300club-008.jpg 7
       300club-009.jpg 8
       300club-0010.jpg 9
       300club-0011a.jpg 300club-0011b.jpg
             ロゴマーク         本日走行距離:28.56km


                  0 / 300clubアプローチサイン
                  1 / 登坂路の散花
                  2 / 平坦狭隘路と愛車
                  3 / S字カーブなアップダウンヒル
                  4 / フェアウェイ間道から隧道へ
                  5 / トンネル・アート!?
                  6 / フェアウェイをくぐり抜ける
                  7 / 緑壁の崖は外断熱?
                  8 / 帰路に咲く花々
                  9 / 経口補水液と双眼鏡


16:00 : ポタリング:自転車:  トラックバック(-)  コメント(0)

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可